京都競馬場外回り・芝2400Mのデータ傾向記事です。

 

スローの上がり比べが多い

1コーナーまで距離があり、前半が緩みやすいコースです。



 

かと言って京都外回りなので、超ロングスパートレースにもなりません。

多くのレースが4コーナーからの用意ドンとなります。

 

種牡馬で見てみるとそれが顕著で、短距離血統の馬の回収率がいいです。

血統別成績

京都2400種牡馬

一方でスタミナタイプは苦戦しています。

基本的にはトップスピードと加速力が求められるコースです。

 

内枠有利

1コーナーまでの距離が長いですし、フルゲートになるレースも少ないので外枠有利かと思いきや内枠の方が有利となっています。

京都芝2400M枠順別成績
京都2400M枠順

京都外回りは全般的に内枠有利なので、その傾向を踏襲していると言えます。

 

得意・不得意が別れるコース

リーディング上位の騎手でも得意・不得意がクッキリ別れるコースです。

ルメール騎手はいいですが、デムーロ騎手は酷いです。

他の競馬場だと過剰人気傾向である武豊騎手の健闘が目立ちます

このコースはノーザン社台系が圧倒的じゃないのも武騎手好調の要因です。

 

データは昔の数字が混じっていて、男藤田騎手の回収率が低くなっていますが、本当にこのコースだけは下手でした。

名前を見ただけで無印OKという認識です。

それと同評価だったのが和田竜二騎手なのですが、ここ1年~2年は上手くなっています。

コツを掴んだのかもしれません。

逃げ馬不利

脚質だけ見ると逃げ馬は不利です。

 

前走の脚質別成績

 

京都の外回りではよくある傾向で、スローで4コーナーからの脚比べになると差されてしまいます。

そのため、逃げ馬はガンガン逃げるようなタイプを狙うべきです。

スローが濃厚な場合は、先行・中団で競馬が出来て、なおかつ瞬発力を持っている馬を買いましょう。

牝馬が苦戦

データだけ見ると牝馬の回収率が低いです(単複共に40%程度

特に3歳牝馬の成績が壊滅的となっています(尚、2歳はレース自体がありません)。

古馬になってからは十分通用していますが、3歳牝馬には厳しいコースだと覚えておいて下さい。

以上が京都競馬場芝外回り2400Mの紹介記事でした。



今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----