中山競馬場芝2000Mのデータ傾向記事です。

 

内枠はよくない

中山2000枠

成績的には誤差の範囲だと思いますが、回収率的には「外>内」となります。



これは先週記事にした中山2500Mと違って、1コーナーまでの距離がしっかりあるのが原因です。

 

 

中山競馬場は1コーナーまでの距離が短いコースが多く、意図的に内を走りにくくしている可能性もあります

実際1コーナーまでの距離が長い2200Mでは内枠が壊滅的です。

 

逃げ馬不利

脚質的に見ると、逃げ馬の回収率が他コースと比べて低くなっています。

前走の脚質別成績

稍重だと逃げ馬が若干残りますが、良馬場だと更に数字が悪くなります。

 

未勝利などの平場では逃げ馬がソコソコ来ているものの、上級条件になればなるほど壊滅的です。

前走逃げた馬のクラス別回収率

逃げ馬が全く駄目の理由は、先程述べたように「相対的に最内が他場より悪い」というのが考えられます。

 

サンデー系は明暗が別れる

血統的に見るとリーディング上位の馬の回収率が素直に高いです。

中山2000血統

サンデー系の馬でも全く駄目な種牡馬も居ますし、母父サンデーの回収率もよくありません。

牧場別に見ると、ノーザン・社台の回収率は他と変わらないコースです。

 

そんな中で、特徴的なのがハーツクライ産駒ステイゴールド産駒となります。

ハーツクライ産駒は春のクラシックの時期までは回収率が100%を超えです。

しかし、古馬になってからは結果が出ていません

 

一方で、ステイゴールド産駒はクラシック時期までは駄目駄目ですが、古馬になってからの回収率が高いです。

 

このコースに限った話ではなく、ハーツクライ産駒はクラシックタイプ、ステイゴールド産駒は晩成傾向にあるのですが、買うときには注意して下さい。

 

典さんやる気なし

騎手のデータはこんな感じです。

中山2000騎手別

柴山騎手の回収率が高い一方で、横典騎手の回収率が低くなっています。

内訳を見てみると、逃げ馬に多く乗っているわけでもありません。

社台やノーザンの人気馬に乗って飛ばしまくっています

理由については横典騎手に直接聞かないと解らないです。

 

ちなみにこのコースは関西馬よりも関東馬の回収率の方が若干高くなっています

そのため、関東馬に乗っているからといって回収率が低いわけでもありません。

 

以上が中山芝2000Mのデータ傾向紹介でした。

今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。



メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----