中京ダート1800Mのデータ傾向記事です。

改修後の数字だけを集計しているので、サンプル数はいつもより少なくなっています。

加藤って誰だよ?

ローカル開催だけあってリーディング下位騎手の名前がありますが、中央場所の常連の成績・回収率は優秀です。

そんな中でも加藤祥太騎手の成績&回収率がいいコースです。



ただ、最近は調子を落としていますので、今後どうなるかは解りません。

前残りコースではあるが

脚質的には逃げ・先行馬が優勢となっています。

前走の脚質別成績・回収率

中京1800Mのスタート地点は少し変わっている事で有名です。

具体的には上り坂の途中にゲートが設置されます。

2014年のチャンピオンズカップのコパノリッキーみたいに、上手くゲートが出ない馬も居るわけです。

特殊コースぽいので、

どういう馬が強いのかな?

と調べた事がありますが、特にこれといった傾向は見当たりませんでした。

そもそも出遅れ率も他場1800Mとあまり変わりません。

ゆえに僕はあまり気にしないようにしています。

 

ダート路面適性がより求められる

血統別成績&回収率。

ディープが駄目なのは当然だと思いますが、案外クロフネも良くありません。

母父も見てみると、芝でも走れそうな血統構成の馬は厳しいです(例:父クロフネ×母父サンデー)。

ダート路面適性がより求められるコースなのだと思います。

あとスタミナ寄りの血統が優勢です。

実際血統関係なく、先行馬で距離延長してきた馬はスタミナが足らない傾向があります(回収率60%前後)。

牧場別に見ても、想像通り社台系はよくありません。

それでも勝利数は他を圧倒しているのが社台系の凄い所だと言えます。

 

細かく見ていくと、ダーレーはゴリゴリのダート血統馬が活躍している感じです。

一方でノースヒルズはサンデー系(ディープ)でも結果を残しています。

枠の傾向は

若干内が有利となっています。

ただ、僅かの差ですから、あまり気にしなくても構いません。

コース形状を考えれば、おそらく今後も大きな偏りは生じないと予想します。

 

以上が中京ダート1800Mのデータ傾向でした。

 

今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。



メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----