東京競馬場芝2000Mのコースデータ紹介です。

サンデー系有利

東京芝2000種牡馬

サンデーサイレンス系の種牡馬が強いです。



非サンデー系種牡馬なら、母父サンデーじゃないと切れ負けします。

 

外枠不利

初心者でも知っていると思いますが、外枠が不利です。

枠順別成績・回収率
東京芝2000枠

 

最初のコーナーまでが短いので、外枠が不利となります。
東京コース図

 

 

馬番別で見てみると

馬番

13番より外から、成績や回収率がガクンと落ちています

 

このブログが登録している

[最強]競馬ブログランキング

の発行雑誌「競馬最強の法則」に書かれていた話ですが、

ゲートのつなぎ目の左右から発走する馬は回収率が高い

というデータがあるそうです。

東京芝2000スタート

スタート直後は寄れる馬が多いので、スペースがあるとぶつからずにスムーズに進めるからだと思います。

東京2000はパトロールを見る限り「11番-12番」が多く、稀に「12番-13番」となるようです。

つなぎ目の1個外の馬はスタートしやすいのでまだいいものの、それより外の馬はつなぎ目の分だけ余計に外を走らされます。

それが7枠・8枠の成績が極端に悪くなる原因です。

 

戸崎騎手の成績がいい

騎手別成績
騎手別成績

2CHでは「戸詐欺」騎手とか「空き巣」とか揶揄されていますが、このコースでは高い回収率を残しています。

たまたまなのか?
それとも何かあるのか?
色々な側面から調べてみると、戸崎騎手の外枠の回収率が高い事に気が付きました(内枠だと低いです)。

どういう騎乗をしているのだろう?とVTRを確認した所、スタート後「外に進路を取っている」のが目立ちます。

普通は「一刻も早く内へ切り込みたい」わけですが、コーナーは外から侵入した方がいいのかもしれません。

おそらく折り合い面を考えての騎乗だと思いますが、はっきりとした理由が解らないので、今後の研究課題とします。

 

脚質は関係ない

東京1800Mは逃げ馬有利でしたが、2000Mはそうでもありません。

前走の脚質別成績

東京2000脚質

最初のコーナーまで先行争いが激しく、脚を使ってしまうからだと思います。

かといって差し馬天国でも無いので、脚質は気にしないようにしましょう。

 

以上が東京芝2000Mのデータ傾向でした。

今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。



メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----