東京競馬場芝1600Mのデータ傾向記事です。

 

騎手の成績・回収率

デムーロ騎手、ルメール騎手、戸崎騎手、田辺騎手、三浦騎手あたりの回収率が高いです。



一方で、ヨシトミ騎手や吉田豊騎手や武豊騎手の成績はよくない傾向となります。

近年の東京は差しが届きにくくなっているので、積極的な競馬が出来る騎手の方がいい印象です。

ステイゴールド産駒がいい

種牡馬別成績

東京競馬場はトップスピードが求められるコースですが、回収率を見ると鈍足タイプの方がいいです。

トップスピードが高い馬は過剰人気傾向だと言えます。

個人的にはステイゴールド産駒は「トップスピード不足」という認識なので、東京ではあまり買っていませんでしたが、少なくともこのコースでは買った方がいいでしょう。

 

差し馬でも来れるが

前走の脚質別データを見る限り、どの脚質でも来れます。

ただし、実際レースで馬券になっているのは、前に行った馬です。

東京マイルの出走馬は前走使ったレースがバラバラな傾向にあります。

そのため、前走の位置取りと異なる事が多いです。

差し・追い込み馬が前に行く事も珍しくありません。

前走の脚質だけで展開予想すると、間違いのもとです。

参考までに、ゲート先入れの馬の回収率が非常に悪くなっています。

出走頭数が多いコースですから、僅かな出遅れが致命傷になるのかもしれません。

そういった事を頭に入れて予想しましょう。

 

枠順による有利不利は無し

枠順別の成績を見ると、外枠が若干有利とも見れますが、大した差はありません。

東京1600枠順

コーナー2つで、最初のコーナーまでは長いので、枠による差は出にくいのだと思います。

短距離馬には厳しい

前走の距離別成績を見ると、1800M以上のレースから転戦して来た馬の回収率が高いです。

一方で短距離路線から距離延長して来た馬は苦戦傾向にあります。

ただ、個人的には「コース適性」というよりも、「スプリント路線馬のレベル低下」の問題だと考えています。

そのため、サンデー系が飽和&衰退すれば傾向が変わってくるかもしれません。

 

以上が東京競馬場芝1600Mのデータ傾向でした。

今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。



メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----