中山芝1200Mのコース開設記事です。

中山マイル同様に、今回も改修後のデータのみを抽出しています。

サンプル数が十分ではない部分もありますので、そこはご了承下さい。



騎手は関東ベテラン騎手を中心に

騎手別成績
中山芝1200M騎手データ

トリッキーなコースなので、経験値が重要なコースとなります。

マイネル軍団系の騎手がいいので牧場・馬主別に見てみると、全体にいい傾向が見られました。

一方で、社台系の苦戦が目立つ印象です。

 

それと斤量別に見てみますと、軽斤量の馬の方が有利です。

ベテラン有利と書きましたが、2KG・3KGの減量騎手の数字も悪くありません。

中山1200Mはトリッキーなコースだからだと思います。

ちなみに馬体重と成績(回収率)にはそこまで大きな相関関係は見られませんでした。

また、関西騎手は概ね数字がよくありませんが、関西馬の数字はいいです。

調教師東西別成績

特に坂路を主体にしている厩舎の成績が目立ちました。

逃げ馬不利

脚質別に見てみると逃げ馬が不利なコースです。

中山芝1200M脚質別データ

このデータは前走の脚質別ですが、レースで4角先頭だった馬の成績(回収率)も他のコースと比べて極端に低くなっています。

中山1200Mはスタートから下り坂で、序盤無理するとオーバーペースとなり、最後パタリと止まるコースです。

しかし、データを見ても解るように、差し・追い込み馬有利というわけでもありません。

坂があるとはいえ、直線が短いですし、先行馬が34秒台で上がる事も多いので、差し損ねる事が多くあります。

何故先行馬が有利で、逃げ馬は駄目なのでしょうか?

僕自身の考えとしてはコース改修に原因があると考えています。

一般的には「改修後の中山はエアレーションにより差しが決まるようになった」と言われていますが、エアレーションの性質を考えれば因果関係がよく解りません。

データを見てみると、コース改修以前は距離を問わず、内枠有利だったのですが、改修後は一転して内枠が不利となっています。

「逃げ馬は最内を通るから残れなくなった」と僕はシンプルに考えています。

枠順は真ん中の枠が有利

枠順別の成績を見る限り、真ん中の枠がいいです。

中山芝1200枠別成績

内枠不利なのは先程解説した通り、純粋に走りにくくなっているからだと思います。

しかし、中山1200Mはスタート後直ぐにコーナーなので、あまり外過ぎるのもよくありません。

真ん中の枠有利と覚えておきましょう。

スプリント血統は不利

血統別に見るとバクシンオーやフジキセキなど、スプリント血統の苦戦が目立ちます。

中山芝1200M血統別

一方で1200Mを走らなさそうな種牡馬の回収率が高いです。

『ハナを切れるようなスピード血統馬は改修後苦戦している』
という事だと思います。

以上が中山1200M芝のデータ傾向でした。



今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所でそれぞれ公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----