阪神芝外回り2400Mのコースデータ傾向記事です。

騎手別成績・回収率

阪神芝2400M騎手

リーディング上位の騎手が成績も回収率もいいです。



阪神2400Mは少頭数になりやすく、波乱も少ないイメージですが、データ上はそうでもありません。

リーディング上位の騎手は6番人気以下の馬でもそれなりの回収率を残しています

一方で経験が浅い若手ジョッキーは苦戦傾向です。

素直に上手いジョッキーを買っておきましょう。

枠順別回収率

阪神芝2400M枠

複勝率を見ると2枠・3枠・4枠がいいようです。

馬番別で見た場合は大外枠が苦戦しています。
阪神芝2400M馬番別

これはコース形態に原因があります。

このコースは、1コーナーまでの距離が短めなのと、コーナーがキツイのが特徴的です。

大外枠からスタートした場合、直ぐにインへと寄せないと、かなりの距離ロスとなります。

ポジション取りが重要なため、スタートが勝敗を分ける要因です。

データを見ると、奇数番(先入れ)より偶数番(後入れ)の方が複勝率に大きな差があります。

先週記事にした阪神芝1800Mと真逆の傾向なので覚えておいて下さい。

あと1枠の成績が悪いのは、フルゲートにならないコースで奇数番の馬の割合が多いからだと考えられます。

実際2番の馬はそこまで悪くありません(単勝回収率:64%、複勝回収率133%)。

基本は内枠有利だと考えましょう。

ちなみに同じスタート地点である阪神2000Mも似たような傾向があります。

種牡馬別成績・回収率

阪神芝2400M種牡馬

このコースは1コーナーが鋭角なので最初の2F目でガクッとペースが落ちます。

そこから淡々と進んで最後の3F勝負となりやすいコースです。

トップスピードも重要ですが、それと同じくらい加速力も重要となります。

概ねロングスパートタイプが苦戦傾向です。

そんな中、加速力もトップスピードも平凡なハービンジャー産駒が好成績を残しています。

細かく分析してみると重馬場での好走例が多く、良馬場なら並の成績ですから注意して下さい。

基本的にはステイゴールド産駒を重視しつつ、ディープインパクトやキンカメも無闇に嫌わないようにしましょう。

追い込み馬有利

他のコースと比べると逃げ馬有利ではなく、追い込み馬の好走が目立っています。

前走の脚質別成績

阪神2400脚質別

逃げ馬にとってこのコースは

・1コーナーまで「距離が短い」&「坂がある」ので、ハナ争いをした時の消耗度が高い

・馬群が集団になりやすくスローの上がり比べだと差されてしまう

・大逃げしても最後に坂がある

といった要因があり、好走しにくいコースです。

尚、良馬場・雨降り馬場、両方共に同様の傾向が見られます。

以上が阪神芝2400のデータ傾向でした。

今週の注目馬を
人気ブログランキング
で公開中です。

ランキングサイトへのクリックのご協力をよろしくお願い申し上げますm( _  _ )m。

[最強]競馬ブログランキング

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----