京都競馬場芝外回り2200Mのデータ傾向記事です。

 

加速力が重要

種牡馬別に見ると、ディープインパクト産駒など、サンデー系が優位です。

種牡馬別

その中でも特に「加速力タイプ」の活躍が目立ちます。

例外なのがジャンポケ産駒です。



そのため、ジャンポケ産駒を細かく見てみると、馬券になっている馬の大半が先行して押し切っています。

また、母父はサンデーサイレンスじゃないと厳しいです。

逃げ馬が案外

前走の脚質別データを見てみると、逃げ馬は成績も回収率も壊滅的となっています。

京都2200M脚質

一方で先行馬の数字は良好で、追い込みはあまり届いていません。

 

このコースは基本的に残り400からの上がり比べになりやすいです。

そのため、あまり後ろからだと届きません。

逃げ馬が駄目な理由は、前走が小回りのコースが多く、レースの性質が違うからだと思います。

逃げ馬はスローで上がり比べになると、加速勝負に付いていけない馬が多いです。

4コーナーでセーフティーリードを築かないと逃げ残るのは無理なのですが、2000Mからの距離延長馬が多いので、心理的にガンガン行けないのだと思います。

そのため、前に行く馬が有利であっても、逃げ馬ではなく「速い脚を使える先行馬」を狙うのがベターです。

 

基本は内枠有利

枠順別データ
京都2200枠順

成績を見る限り内枠が有利です。

京都外回りのコース形状の問題で、内の方が立ち回りやすいコースとなっています。

ただ、8枠の回収率も悪くありません。

外枠でも先行できそうな馬は買った方がいいです。

 

外人騎手が好調

騎手別データ

騎手別

個人的に驚いたのがデムーロ騎手とルメール騎手の回収率の高さです。

京都外回りは特殊コースなので、個人的な考えとして外人騎手や新人騎手を軽視しているのですが、日本での騎乗に慣れたという事でしょうか。

実際この1年くらいの成績がいいです。

 

ただ、京都外回り全体の数字を見ると、まだまだでした。

他に要因があるとすれば、このコースにおけるノーザン・社台の優位性です。

生産者別

過剰人気傾向があるため、この数字でも他のコースより回収率が高くなっています。

ノーザンや社台とのつながりが数字に現れるコースなのかもしれません。



馬体重は軽くてもOK

馬体重成績を見ると軽い馬の健闘が目立ちます。

京都2200M馬体重

4コーナーからの加速力が重要となるコースなので、素軽い馬の方が良さそうです。

 

以上が京都2200Mのデータ傾向でした。

今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----