記事をUPした後、競馬2CHまとめの記事を作成しようと2CHを眺めていると
「サマーマイルシリーズがウインガニオンがトップなので、ウインフルブルームやマイネルアウラートがチャンピオンの可能性があるマルターズアポジーを潰しに行く可能性が高い」
事に気がつきます。

サマーシリーズの賞金を考えずに予想していた事を反省しないといけません。

-----sponsored link-----

それを考えればマルターズアポジーは無印で、差し馬中心で買っておけば良かったです。

レースは1000M通過が57.1と馬場を考慮してもハイペースとなりましたが、縦長の競馬で後ろを走っていた馬は、そんなにスタミナが問われないレースでした。

田辺騎手のグランシルクは早仕掛けのように見えますが、最後の坂の区間ですら全く止まっていません。

内の馬を潰す形となって、外を回した馬が恵まれる形となりました。

本命馬のトーセンデュークは痛恨の出遅れ。

それに加えて内にこだわってしまい、仕掛けが大幅に遅れます。

脚を余した形となり、残念な結果です。

パドックを見た感じは落ち着いていたので、「調教パターンを変えたから出遅れた」とも思えないのですが、中途半端に5着とか来て次は人気になりそうなので狙いにくくなりました。

差し展開ならウキヨノカゼも面白かったわけですが、予想通り横典騎手はヘマをやらかします。

馬群突破の経験が無い馬なのに、何を思ったのかインを突いてしまいました。

一方2着に入ったガリバルディの北村騎手は先行集団やグランシルクの動きを見て、いち早く外に切り替えています。

ここらあたりが騎手の腕の差なのですが、世間的には評価されない部分なので気の毒です。

先行馬総崩れの中、4着に入ったマルターズアポジーはやはりマイルなら強いと思います。

しかし、次のレースでも人気が落ちそうに無いので、狙うかどうかは微妙です。

-----sponsored link-----

セントウルステークスの敗因振り返り

[最強]競馬ブログランキングの印の通り、ファインニードル、フィドゥーシア、ダンスディレクターの3頭で固いと思いました。

正直フィドゥーシアが飛んだ理由はよく解りません。

先行して緩んでも速い上がりを使える馬なのですが、今日は全く伸びませんでした。

まあ競馬ですからそういう事もあるので、「1頭くらいは飛んで、繰り上がりで3着はあるかもという穴馬」も物色しましたが、指名したプレイズエターナルはスタートをちゃんと決めて、上がり3F33.0の脚を使ったのにブービー・・・位置取りが後ろ過ぎます。

ラインミーティアにもいちおう印を打っていたわけですが、本命馬のフィドゥーシアが飛んでしまったので意味の無い結果となりました。

ちなみにメラグラーナ無印だった理由は前走・前々走無印だった理由と一緒で「馬群に包まれると良くない馬」だからです。

予想通り戸崎騎手は最後まで内にこだわってしまい、飛ばしてくれました。

外枠を引いたら普通に本命にする予定です。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

「立ち読み」ボタンをクリックすれば無料サンプルが読めます

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----