安田記念のレース動画

馬場の前提条件が少し違っていて、悩んだ末に出した結論は見送り。



全く馬券を買わずに記事を公開するのは申し訳ないので、記事を書いた時点で3000円分の馬券は買っていますが、それ以上は買いませんでした。

レースは想定通りの流れになって、スワーヴリチャードはいい位置に居ます。

そして、問題の4コーナー、ご覧の通り。

 

石橋wwww

はい、ポッカリ開きました。

これが先週のダノンプレミアムとの違いです。

 

ヒモ馬も順調に上位争いをして、
「こりゃあ、馬券を買い足しておけば良かったなあ」
と思っていた所に、後ろからモズアスコットがぶっ飛んで来ます(´・ω・`)。

モズアスコットは連闘だったので、印が回りませんでした。

 

それで改めてレースVTRを見ると、勝敗を分けたのは案の定「石橋騎手の動き」です。

ペルシアンナイトの川田騎手は4コーナーでスワーヴリチャードの真後ろを走っていましたが、そのポジションを捨てて外に出します。

その判断が結果を大きく左右しました。

川田騎手はキャンベルジュニアの外から馬群を抜けようとしましたが、石橋騎手が外に寄って来たので、行き場を失います。

慌ててスワーヴの後ろに戻ろうとしましたが、後方に居たモズアスコットに盗られてしまいました。

ルメール騎手は、おそらくこの時点で
「ごっつぁんですぅwww」
と叫んでいますね。

それが勝敗の分かれ目です。

川田騎手は石橋騎手の動きを読んで、スワーヴの後ろでじっとしてば、勝ち負けでした。

それと同時にモズアスコットは届かなかったでしょう。

ペルシアンナイトを買っていた人は川田騎手に怒っていいと思いますが、モズアスコットを買ってなかった人も怒っていいと思いますw。

スワーヴリチャードは最後伸びずに3着でしたが、調教のオーバーワークによるマイナス10KGが影響したのかもしれません。

記事UP後に放送があった競馬予想TVで知った事ですが、ミルコが調教師の指示を無視して5秒速く走ったそうです・・・。

マイルに距離短縮するのでテンからガンガン飛ばす調教はいいと思いますが、調教師はレースから逆算して調整しているわけですから、無視するのは良くないと思います。

レースでのデムーロ騎手は注文通りの素晴らしい騎乗でしたが、3着に負けたのはデムーロ騎手のせいかもしれません。

ただ純粋に力負けの可能性もあります

1週前の予想ではスワーヴリチャードとウインガニオンの名前を挙げて、正直「メチャクチャ美味しい」と思っていたので「自信がある」と書きました。

でも出走メンバーをよく見てみると、例年以上にレベルが高かったです。

ウインガニオンは見せ場も無く負けた感じでしたが、密かに4歳馬以外だと最先着です。

去年出ていれば勝ち負けだったでしょう。

スワーヴリチャードが負けたのも相手が悪かっただけかもしれません。

サングレーザーは福永騎手は「意図的にポジションを取りに行った」そうです。

先週の馬場とガラリ一変したのに・・・流石福永さん(´・ω・`)。

高速馬場であそこまで失速したので、怪我をした可能性もありますが、ちょっと残念な騎乗でした。



鳴尾記念敗因振り返り

マルターズアポジーはいい感じで逃げましたが、最後垂れてしまいました。

武騎手曰く、内にささったそうです。

4コーナーの段階で右ムチで修正していて、最後の直線では右ムチを連打して左に行く事により、デムーロ騎手に潜られました。

デムさんルメさんに挟まれる形となり、武騎手は追うことが出来なくなります。

それにより失速したので4着に落ちた感じですが、内容的には力負けです。

買う馬が居なかったので、苦し紛れにマルターズアポジーに本命を打ちましたが、結局は4頭選んで残りの3頭で決まった形(´・ω・`)本当センスがない。

 

勝ったストロングタイタンは1コーナーでインを取れた時点で半分勝ったようなものでした。

仕掛けのタイミングもバッチリで、デムーロ騎手の完璧な騎乗です。

一方トリオンフは早目に動いて内の馬を封じていれば勝てていましたが、ルメール騎手は武騎手に遠慮したのか仕掛けが遅かったです。

そこが勝敗の差でしたが、3着以下には着差を付けているので、宝塚に出てきても馬券圏内はあるかもしれません。

 

エプソムCの注目馬を
人気ブログランキング

マーメイドSの注目馬を
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----