ヴィクトリアマイル2018レース動画

直前のツイート

 

外れるのは知ってた(´・ω・`)

 

雨が降ったものの、時計はまだまだ早かったです。

ただトップスピードを活かして後ろから届くような馬場ではありませんでした。

 

ミスパンテールの敗因はスタートで意図的に下げてしまった点です。

前哨戦で突然逃げたので、そこから脚を溜める競馬に戻しても引っかかるのは予想記事で書いた通り。

典さんなら、そこを考えて何とかしてくれると思ったのですが、平凡な騎乗でした。

 

ちなみに、印を打ってない馬が1着・3着でしたが、それは仕方ないと思っています。

先週はスローの上がり比べと見てディープ産駒を中心視しましたが、今週は雨が降ってなおかつ厳しい流れを自分で作る馬が2頭も居たので、逆に軽視しました。

しかし、結果はドスローの上がり比べです。

 

アエロリットは出が悪く、少し押してポジションを取りに行きました。

そこから無理矢理ペースを落とそうとしてジェットスキ-です。

この馬は厳しい流れで好走するタイプなのですが、戸崎騎手は全く理解してない乗り方でした。

カワキタエンカもスローの上がり比べだと切れ負けする馬です。

道中はガンガン行かないとノーチャンスなのですが、大野騎手は無意味に脚を溜めてしまいます。

コーナーで外に出そうとしたようにも見えましたが、そんな器用なライン取りは出来ない馬です。

結果的にコーナーでもたつき、スローの上がり比べになってしまいました。

どちらもテン乗りなので仕方ない面もありますが、本来は騎手が予習をするか陣営が指示すべき事です。

でも彼らはそういうレベルじゃありません。

ゆえに、予想記事で
「厳し目の流れで内有利と仮定して予想しますが、外す自信しかありません。」
と書きました。

スローの外伸びを想定すれば、当たっていたレースですが、展開のキーになる馬が2頭同時にやらかす可能性まで広げるなら馬券を見送るのが正解です。

 

それにしてもまあ、今年の東京開催の外しっぷりも凄いの一言。

何故東京開催だとここまで当たらないのか?

自分の中では仮説が立っているのですが、次回の競馬本の追加コンテンツ更新で解説します。

でも、まぐれで1個くらい当たってくれてもいいと思うのですがねえ(´;ω;`)。



京王杯SC敗因振り返り

ダンスディレクターを本命にして良いところ無しm( _ _ )m重ねて糞予想すみません。

少し折り合いを書きましたが、結果として1-2着馬の後ろに居たので乗り方としては申し分無かったと思います。

ところが最後の直線全く加速しませんでした。

1200の馬で最後の1F失速するならまだ解りますが、残り600で反応しないのは異常です。

セントウルやスプリンターが駄目なのは今回のような高速馬場が駄目な可能性もありますが、敗因は正直よく解りません。

とは言え、1-2着馬は高速馬場対応というより、マイルの先行馬なのでスタミナが求められた可能性もあります(33秒台で上っているので・・・ですが、瞬発力タイプではありません)。

安田記念に向けては再現性の無いレースだと見ました。

負けた馬の巻き返しもあるでしょう。

 

オークスの
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----