秋華賞2017レース動画

予備
https://twitter.com/keibanews2016/status/919460139844870144

「本命党は買わないほうがいい」
「上位人気6頭の中に当たりは何頭入っているのかな?」
とか本命党の方々を煽ってすみませんでしたm( _  _ )m。



まさか、府中牝馬より配当が安く決まるとは驚きです。

皆さん競馬がお上手です・・・。

重馬場発表でしたが、近年はJRAが馬券を売るためになるべく馬場のいいように発表しているので、不良馬場に近かったと思います。

ペースが速かった事からも、スタミナ比べとなりました。

その結果、ハービンジャー産駒&ハーツクライ産駒といったスタミナタイプの種牡馬が1-3着です。

もう一つ言えば2400Mのオークス上位組で決まりました。

6着にブラックオニキスが来たことからも、雨適性よりもスタミナの方が重要な競馬だったと思います。

リスグラシューを「大雨のドロドロ馬場なら積極的に買いますが、そうでも無い限り3着が限界」と書きましたが、結果的にはそのドロドロ馬場になってしまいました。

ゆえに予想が外れるのは仕方ないですが、9レースの馬場状況とその後1時間の雨の降り方だけではリスグラシューに方針転換するのは難しいです。

人気薄なら方針転換するのもアリですが、ガチガチの本命サイドに転換しても仕方ないので、当初の予定通りミリッサに突っ込みました(´・ω・`)。

そのミリッサはコーナリング性能を披露する前にバックストレートで脱落です。

今日の馬場だと結果的にスタミナ不足だったのは解りますが、それでもバックストレートで脱落するような事はないので、不思議に思います(追記:福永騎手曰くバックストレートで手前を変えたら、恐ろしくのめったそうです・・・)。

リカビトスも馬場は血統的に向いているはずなのに、最後全く伸びませんでした・・・。



気を取り直して、レース回顧をすると、直前につぶやきましたが、馬場は内が有利だったと思います。

勝敗を分けたのはルメール騎手の騎乗です。

前日の府中牝馬では「前が壁」から「2着」というまさに『白い福永』の名を欲しいままにしましたが、今日は流石ダービージョッキーと思える騎乗だと言えます。

内が伸びると読んだかどうかは知りませんが、「距離ロスNG」という意識はあったはずで、後方から最内に潜り込みました。

最後の直線で馬群を縫って、上手く抜け出してからの差し切りです。

ディアドラの状態も良かったと思います。

予想記事で書いた通り、過去最大の馬体重から更に+2桁増やしての登場で、直前にファンディーナに人気を抜かれましたが、これまでが細かっただけであり、今回のが本来の姿です。

一方で、デムーロ騎手や武豊騎手は仕掛けのタイミングは良かったですが、距離ロスがあった分だけ負けたと思います。

アエロリットはスタミナが足りなかったと思いますが、馬群の中に入った事も敗因でしょう。

逃げたカワキタエンカは5着に残っているわけですから、前が不利というわけでもありませんでした。

今週は府中牝馬を完璧的中させて配当も案外付いたので、ブログとしては良かったと思いますが、個人的には府中牝馬で勝ったお金を全額秋華賞に突っ込んで「隠居生活」を目論んでいただけに悔しいです。

来週も頑張ります。

菊花賞の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----