毎日王冠のレース動画

予備
https://twitter.com/fujitvkeiba/status/916929289534050305

毎日王冠はパーフェクト予想で特に語ることはありません。
当たった時は宣伝。
アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]
楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】
DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

前日想定した通り、馬場が外伸びだった時点で半分当たったようなものでした。

リアルスティールは想定より後ろからの競馬でしたが、最後はデムーロ騎手が注文通り外を回してくれたので良かったです。

-----sponsored link-----

展開的には若干縦長で前に行った馬が33秒台の脚を使っているので「前有利」のレースだと思います。

デムーロ騎手は追い出しを我慢する余裕があり、着差以上に強い内容でした。

ソウルスターリングの敗因は予想記事で書いた通り「適性の問題」だと思います。

若駒相手だからフランケル×モンズーンでも切れ負けしなかったわけで、古馬のレースのように「平均ペースで行って速い上がりを求められる」と厳しいのだと思います。

もちろん、外伸び馬場なのに最内を走ったのも敗因です。

逃げたのは問題ないと思いますが、今の馬場なら1000Mを58秒くらいで逃げないと切れ味勝負で負けてしまいます。

それでもまさか、ダイワキャグニーに競り負けるとは思いませんでした。

ダイワキャグニーはプリンシパルの内容からダービーで穴馬推奨しましたが、パドックでイレ込んで大惨敗。

今回、もう一回狙おうかとも考えましたが、今年の3歳世代のレベルに疑問を持っていたので無印にしました。

ダイワキャグニーは4着に入り3歳世代の意地を見せましたが、ヤングマンパワーやワンアンドオンリーと互角なので微妙と言えば微妙だと言えます。

ちなみに、マカヒキ・アストラエンブレムは全く力を出し切っていません。

次はドカンと狙いたいですが、騎手が同じなら・・・です。

-----sponsored link-----

京都大賞典の敗因振り返り

京都大賞典レース動画

予備
https://www.youtube.com/watch?v=RwwSw0QwkEI

やらかした。。。

毎日王冠で◎▲◯と完璧予想を決めて、調子に乗って買い目を絞った結果、ヒモ抜けです。

スマートレイアーは逃げると思っていたのですが、後ろからの競馬となります。

スマートレイアーはスローなら加速力もトップスピードもある末脚を出せるので、京都外回りで最内を突いても十分間に合いました。

しかし、その結果、前残りの流れを生み、トーセンバジルの異物混入を喰らいます。

武豊騎手のレース後コメントによると、
「逃げることも視野に入れていたものの、出たなりで判断した」
そうです。

次はエリ女ですが、最後尾から行くと決めつけない方がいいかもしれません。

ところで、サウンズオブアースはどうしちゃったのでしょうね。

ヨコノリ騎手は京都外回りのお手本みたいな騎乗をしていましたが、4コーナーから全く伸びませんでした。

何かのトラブルで無ければ、次走は無印扱いとなる負け方です。

シュヴァルグランは予想通り後ろからとなりました。

仕掛けのタイミングも案の定、間違っています。

福永騎手を乗せていれば、番手からの競馬で勝ち負けだったはずです。

実質のオーナーは大魔神なのかアドマイヤなのかノーザンなのか知りませんが(多分ノーザン)、安易にデムーロ騎手に乗せ換えて、無能である事をまた証明してしまいました。

しかし、それを上回る無能だったのがメタボ教授です。

京都大賞典で点数絞ったのは、余計な馬券を買わずに南部杯のゴールドドリームを買いたかったからです。

正直ボーナスレースだと思っていましたwww。

前走の帝王賞の敗因はデムーロ騎手の騎乗です。

この馬は馬群が苦手なのに、外に出さず内でじっとしていました。

今回は外枠を引いて川田騎手なので「間違いなく外を回す」と予測が立ちます。

舞台も大井の2000よりかは盛岡の1600の方が向きそうです。

という事で滅多に地方を買わないメタボ教授が勝負に出たわけですが、結果はご覧の通り。

(`;ω;´)

デムーロ騎手の方が100倍マシでした。

でもノボバカラ買って無かったので、どうしようもありません。

来週も頑張ります。

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----