秋華賞2018レース動画

 

本線で的中(*´ω`*)。

オスカールビーがハナを切ると予想したものの、ミッキーチャームのスタートが良すぎてそのまま行ってしまいました。



先行争いは早々に決着が付き、1-2コーナーでペースが緩みます。

「ちょっとマズイなあ」
と思いました。

しかし、バックストレートに入り川田騎手がペースアップして、後ろが付いてきません

ミッキーチャームにとって最高の展開となりました。

 

アーモンドアイは中団外目の追走と理想的な位置取りです。

ただ、残り600になっても前に馬を置いたまま動きませんでした。

前を走るゴージャスランチはそこまでコーナーが上手くなく、前走のように典さんが意味もなく下げてくる可能性もあります

リスク回避を考えれば外から早目に並びかけた方が良かったと思うのですが、ルメール騎手は4コーナーの立ち上がりまで持ったままです。

4コーナーではミッキーチャームと大きな差が付いていましたが、それでも差しきります。

強いの一言です。

次はジャパンカップだそうですが、当然本命か対抗となります。

不安点はオークス同様に馬場が外伸びになった時だけです。

ラッキーライラックはパドックを見る限り少し太かったように見えます。

また小回りコースが初めてだったのですが、コーナーでの様子を見る限りあまり上手くなかったようです。

オルフェーヴル産駒なので小回りは寧ろ得意でしょ?

と思っていたのですが、そこが反省点です。



府中牝馬振り返り

予想解説。

といった感じでカワキタエンカ軸で残念。

注文通り大逃げという形となりましたが、池添騎手がビビって必死に抑えようとして折り合いを欠きます。

1000M通過は58秒でしたが、馬場を考えれば全然早くありません。

カワキタエンカは最後垂れているように見えますが、ラスト3F35.3で上がっています。

交わされて失速したラスト1Fですら12.3で走っています。

キレる脚は使えないのですから、ビビらずに飛ばして欲しかったです。

 

勝ったディアドラは強いの一言。

今回は調教がイマイチでしたし、この馬の特性を考えれば仕掛けが遅かったです。

そのため着差的に際どかったのですが、ここ2戦の内容を考えれば能力的に少し抜けていると思います。

ただ、ディアドラは前から言っているように加速力が無いので京都の外回りに変われば凡走するはずですが、残念ながらエリ女をスキップして香港に向かうとの事。

おそらくエリ女でルメール騎手がノームコアに乗るのでその兼ね合いかと。

そのノームコアもルメール騎手を確保するため?
「(まだ1ヶ月前だけど)疲労が抜けないから回避」とよく解らない理由で秋華賞をパス。

正直ルメール騎手が技術的に抜けているわけでも無いのに、有力馬が年間4戦~5戦しかレースを使わないのは勿体無いと思います。

次週の注目馬を
人気ブログランキング

[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----