いつもより早い時間ですが、この後用事があるので中山記念の予想記事をUPしました。

芝のレースがまだ行われてない時間帯に書いているので、状態はよく分かりませんが、例年通りの馬場と想定します。

出走馬を見て
「おいおい、ヨシトミ先生かよ」
と思ったのは僕だけではないはず。



マルターズアポジーの鞍上が何故か武士沢騎手ではありません。

こちらとしては、
・マルターズアポジーがマイル寄りの流れを作る
・そのペースを経験して前走勝ったペルシアンナイトで鉄板
と考えて、簡単に当たる予定でしたが、話が違います。

ただ、今回は他にもマイネルハニーという厳しい流れを作る馬が居ます。

少なくともスローの上がり比べにはならないはずです。

本命はやはりペルシアンナイトにしました。

他に本命に出来る馬が居ません。

前走のマイルチャンピオンシップはマルターズアポジーのペースに対応出来ましたが、付き合わない形でほぼ最後尾から脚を溜めた結果です。

そのため、ハイペース適正の裏付けはありません。

厳しい流れを追走してしまうと危ないですが、常識的に考えれば前走同様に自分の競馬に徹すると思います。

前残りの危険性が出てくるわけですが、今回は少頭数です。

「馬群の中で動けず届かない」という事は無いでしょう。

調教を見る限り、仕上がりについても申し分ありません。

対抗はウインブライトにしました。

近2走は「マイネルミラノが作ったロングスパートの流れを上手く立ち回った」のが好走につながったと言えるでしょう。

そのため、マイネルミラノが居ない点が気がかりです。

今回はマイネルハニーのアシスト役で、仕掛けを遅らせる可能性もあります。

調教は素晴らしいです。

正月仕上げだった前走よりも確実に良化しています。

3番手:アエロリット
クイーンステークスで厳しい流れを自分で作って、押し切った内容を評価しました。

また、例年通りの馬場なら前目で競馬が出来るのもプラスです。

秋華賞の敗因は馬場の問題なのでノーカウントでいいと思います。

当初は本命予定だったのですが、調教がイマイチです。

本命・対抗馬は調教がすこぶる良かったので、3番手まで下げました。

といった感じで今週も4歳馬を中心に買うだけの簡単なお仕事です。

正直、この3頭ボックスだけ買えばOKだと考えています。

 

ただ、1頭くらいは走らない事もあるでしょう。

3連系のヒモとして、5歳以上の馬にも印を打っておきます。

ヒモ:サクラアンプルール

前走の有馬記念は直線不利があったのでノーカウントです。

秋天はレースに参加していません

昨年2着の実績を考えれば、ここは買うべきでしょう。

調教はイマイチだと思いますが、4歳馬以外では最上位としました。

ヒモ:ヴィブロス
こちらも近2走は力を出し切っていません。

エリザベス女王杯は内伸び馬場なのに大外枠で、どうしようもありませんでした。

府中牝馬は馬群が割れずに、少し脚を余した感じです。

今回は内田騎手というのがマイナス材料となります。

内田騎手がこの馬に乗ると、全く結果を残していません。

ここは叩き台と見て軽視しました。

 

押さえ:マイネルハニー
マルターズアポジーと一緒に走っているレースは全て凡走しています。

本来ならノータイムで消したい馬です。

しかしヨシトミ先生という事で、今回はいつもと違う展開になる気がします。

相手が弱いとは言え、近2走しっかり勝ちきっているのも不気味です。

 

押さえ:マルターズアポジー

前走のマイルチャンピオンシップは馬場の悪い所を通ったのが敗因となります。

2走前はサマーチャンピオンの絡みでマイネル軍団の連携に潰された感じです。

1800なら十分守備範囲なので積極的に買いたい所ですが、ヨシトミ先生がどう乗るか分かりません。

といった感じで展開が読めず「バッサリ切れる馬」が居なくなりました。

全てはマルターズアポジーをヨシトミ先生に乗せ替えたせいです(#^ω^)。

 

10頭立てで7頭も印を打つのはどうかと思いますので、馬連は上位3頭ボックスしか買いません。

3連系も上位3頭の内2頭は入る買い方をする予定です(それでもトリガミ食らうかもw)。



阪急杯の予想を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。

予想の印

◎ペルシアンナイト
◯ウインブライト
▲アエロリット
△サクラアンプルール
△ヴィブロス
☓マイネルハニー
☓マルターズアポジー

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----