中山競馬場の芝コース1800Mのデータ傾向記事です。

サンデー系優勢

種牡馬別成績&回収率を見る限り、サンデー系種牡馬が有利となっています。



ただ、サンデー系の中でもハーツクライ産駒だけは悪いです。

「左回りが得意」という説もある種牡馬ですが、コーナリング比重が高いこのコースでは苦戦しているのかもしれません

ちなみに牧場別で見てみますと、他のコースよりかはノーザン・社台系の活躍が目立ちます。

ただ回収率がプラスでは無いので、何でもかんでもノーザン・社台を買っていいわけでもないです。

騎手の上手・下手が分かれるコース

騎手別成績

騎手によって大きな差が出ています。

ここまで差が大きいのは「サンプル数の少なさ」もあるのですが、中山1800は腕の差が出やすいトリッキーなコースという側面もあるはずです。

ちなみに松岡騎手や柴田大知騎手の回収率が悪くないように、このコースはマイネル系の回収率も悪くありません。

それと関東馬と関西馬の回収率はほぼ互角となっています。

枠の有利不利は無し

枠順別成績

枠順については明確な傾向が見られませんでした

開催の前後半に分けて集計してもです。

以前は内枠の方が有利だったのですが、近年は成績的にも回収率的にも外枠の馬が内枠と変わらない数字を残しています。

内枠が得意な馬、外枠が得意な馬、というのはあると思いますが、単純に内枠有利とは考えないようにしましょう。



脚質的には先行有利

前走の脚質別成績

基本的には前に行った馬が有利となっています。

成績的には逃げ馬がいいのですが、馬券的に売れるので回収率的には先行馬を狙うほうが得策です。

 

また、このコースは距離延長馬が苦戦しています。

成績的には前走1800M(同距離)のローテがいいものの、回収率的には前走から距離短縮馬が優秀です。

 

小回りだと距離延長馬が穴を開ける事が多いので、この傾向は意外でした。

中山1800Mは内枠有利でもなくなりましたし、小回りというイメージを持たない方がいいかもしれません

 

あと、距離短縮馬で狙えるパターンが無いか調べましたが、特に明確な傾向は見当たりませんでした。

 

以上が中山1800Mのデータ傾向記事です。

 

今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

 

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----