京都金杯のレース動画2018

こちらは内有利と仮定しておきながら、まさかの外差し決着m(_ _)m。

例年ほど内が有利では無かったのかもしれませんが、それでも昨日今日のレースで内の馬が残れなかったのはこのレースだけだと思います。



レースのポイントはウインガニオンでした。

予想通り右回りは全然駄目だったのですが、4コーナーでマイネルアウラートの蓋をしてしまいます

そこでズルっと下がってしまったのが敗因です。

マイネルアウラートの丹内騎手は予習不足だと言えます。

マイネル軍団同士連携を取るなら、流石にそれくらいは知ってて乗ってほしいです。

 

他の馬もウインガニオンのペースに併せてコーナーでチンタラ走っていました

そこを見逃さなかったのが武豊騎手です。

残り600M地点では最後尾に居たのですが、ただ一頭仕掛けて4コーナーでは先頭に立つ勢いで捲ります。

流れで言えばスローの上がり比べであり、ブラックムーンは本来苦手な流れです。

しかし、他の馬は残り400まで動かなかったのに対して、ブラックムーンは600から動いたので差し切れました。

こういった流れが得意なはずのストーミーシーに至っては残り300まで追えず、ブラックムーンの半分しか全力で走っていません。

騎手の差で決まったレースだと言えるでしょう。

そのためブラックムーン以外の馬は力を出し切ってないという評価でいいと思います。

 

中山敗因振り返り

中山金杯レース動画2018

こちらは「マイネルミラノがロングスパートの流れを作る」と見てウインブライト本命・ダイワキャグニー無印までは正しかったです。

西のマイネル軍団と違って、見事な連携だったと思います。

ただ僕の馬券は3着が抜けてしまいました。

セダブリランテスはラジオNIKKEI賞で3コーナーから仕掛ける競馬で押し切っているのを評価して印を打ちましたが、もちろんトリガミです。

ストレンジクォークの前走はロングスパートレースでしたが、重馬場だったので印が打てませんでした。

 

レース全体を見渡すと、マイネルミラノが流れを作った特殊レースですから再現性は薄いと思います。

セダブリランテスは意図的に早く仕掛けているように、切れ味が無さそうです。

今回のようにマイネルミラノが居ればいいですが、通常のレースで内枠に入ると少し厳しいかもしれません。



フェアリーS振り返り

こちらは本命馬のテトラドラクマが散々でした。

スタート後に外に寄れて後方から、
最初のコーナーで菜七子から体当たりを喰らい(羨ましい)、
道中はフィルハーモニーのマクリが飛んで来て、馬群の中に閉じ込められてしまいます。

そこをプリモシーンとスカーレットカラーが外から掃除してしまい、テトラドラクマが馬群を抜け出した頃には巻き返し不可能な状態でした。

テトラドラクマは「スタートがいい」という理由で本命にしたのに、あのザマは反省です。

しかも記事を書いた後に一番人気となりますし、下手くそな予想でしたm(_ _)m。

外から差した馬が上位独占なので、内で何もできなかった馬を次走狙うべきだと思います。

 

シンザン記念の予想の印は
[最強]競馬ブログランキング
公開していますが、全く自信がありません(゚∀゚)。

 

メタボ教授の競馬本好評発売中です(DMMでは50%ポイント還元セール実施中)。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----