2018菊花賞振り返り

 

買ってない馬の1-2(# ゚Д゚)。



「菊花賞は34秒台を切る馬なんて居ないからメイショウテッコンは差されない(キリっ)」
からの
33秒台で上がった馬が5頭も居たレースでした。

 

ジェネラーレウーノの田辺騎手はどういうつもりだったのでしょうか。

1000Mの通過が遅いのはいいとして、2コーナーでも手綱を引いてペースを更に落としています

バックストレートでもペースを上げません

馬群がひとかたまりとなり、「切れ味タイプの馬に勝って下さい」と言わんばかりのペース配分となります。

田辺騎手は仕掛けまで遅らせて、明らかに不自然です。

メイショウテッコンとエポカドーロは馬群の中に閉じ込められたまま、レースに参加する事が出来ませんでした。

その結果、外を回したノーザンファーム関係の馬が掲示板独占です。

ジェネラーネウーノも天栄を使っているのでノーザン関係と言えばノーザン関係なのですが、コズミックフォースと連携して非ノーザンの有力馬を内に閉じ込める作戦だったのでしょうか。

種牡馬価格の問題上、ノーザンのレース操作は普通に起こり得るわけで、近年のG1レースを見る限り山田騎手の問題よりも遥かに深刻です。

ただ、田辺騎手は全く何も考えずに騎乗するタイプなので、ナチュラルでやらかした可能性もあります(・∀・)。

 

八百長云々は置いておいて、メイショウテッコンはパドックでのテンションが高く、出遅れたのが痛かったです。

ハナには行けなくても外に出せていればスローペースに付き合わず動いていたので、結果は全然違っていたと思います。

 

一方で勝ったフィエールマンはまさかの好スタート。

ゲートの反応が悪く、1馬身~2馬身出遅れる馬なのに・・・m(_ _)m。

1800Mまでしか経験が無いので、流石のルメール騎手でも「道中ポジションを押し上げるような競馬をしないでしょ」と予想しましたが、メイショウテッコンと5分のスタートを切った事により、ポジションを押し上げる必要がなく、折り合いに専念出来ました。

1番人気~3番人気の馬が怪しかったのでウキウキだった菊花賞ですが、終わってみれば「ああ、そう来ましたか」といった感じです。

追記:石橋騎手ならフィエールマンは勝てていたのか?という質問を頂きましたので回答させていただきます。

 

スタートについては一夏越して改善したのかルメール騎手が上手かったのかよく解りません。

結局天栄での調教を重視してトライアルを使わなかった(使えなかった)ので、スタートに関してはブラックボックスのままで菊花賞を迎えています。

そういう部分が公正競馬における外厩の問題点です(一部のエージェント:競馬新聞記者しか知らないので)。

ただ、石橋騎手が乗った場合、あれだけいいスタートを切ってしまうとビビって下げようとするはずです(・∀・)。

ビビらず好位で折り合うのがルメール騎手のいい所なので、そこの違いはあったと思います。

とは言え、ルメール騎手は4コーナーで進路取りを間違っています

馬群推移とペースを考えればエタリオウの後ろを取らないといけないのに、距離ロスを嫌がってアフリカンゴールドの後ろに入っていました。

武騎手はミスを見逃さずエタリオウの後ろを奪います。

結果的にフィエールマンは踏み遅れても届きましたが、エタリオウがいつも通り右に寄れていた場合や、アフリカンゴールドが真っ直ぐ走った場合は届かなかったです。

そういった部分でルメール騎手の騎乗も完璧では無かったと思います(武騎手とデムーロ騎手はほぼ完璧)。



富士S振り返り

ロジクライは力を出しきれない競馬が続いていましたが、ルメール騎手が2番手のいい位置を取りきって後ろが何もせず勝負あり。

馬券は当たっているように見えますが、実際打った印を見れば分かる通りヒモ抜け。

ワントゥワンは最後まで迷いましたが印が回りませんでした。

実力的には十分足りてますが、

関屋記念:デムーロ騎手で2着→レース後コメント「あれでも仕掛けが早かった」

京成杯:戸崎騎手がデムーロ騎手みたいに上手く脚を溜めるのは無理→戸崎さんゴメンナサイ

富士S:モレイラ騎手なら早仕掛けして最後伸び無さそう→モレイラさんゴメンナサイ

といった感じで、結局馬が強かったという事でしょうか。

中京記念・ヴィクトリアマイル・阪神牝馬Sは脚を余した結果だったので、崩れるまでは買い続けるべきだったと反省です(次買うと駄目なパターン)。

あとペルシアンナイトは進路が無く、一旦下げる形で敗戦となり「直線で狭くなって危なかった。アンフェアだった」とデムーロ騎手がおこですが、ペルシアンナイトはノーザンの馬じゃ無いので、簡単に進路を譲ってもらえません

そこの所が解ってない川田騎手も安田記念でやらかしました。

ただ、マイルチャンピオンシップなら馬群が詰まる可能性は低いと考えています。

京都外回りコースで外伸び傾向なら馬群がバラけやすいからです。

 

エアスピネルは調教が悪かったので印を下げましたが、何とか上位に喰らいつきました。

こちらもマイルチャンピオンシップでは高い評価をする予定です。

 

次週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----