いよいよ日本ダービーとなりました。

馬場は例年通り内有利です。

オークスみたいに先行馬が外に出すことは無いはずですが、外を回して差すのは難しいと思います。



ペースはそこまで速くはならないはずです。

前走だけの位置取りを見たらジェネラーレウーノが行きそうですが、この馬は本来ガンガン行く馬ではありません。

前回引っ張ったアイトーンやジュンヴァルロが居ないので、今回はエポカやサンリヴァルと並走する形になると思います。

つまり想定されるペースはスローです。

ダノンプレミアム・・・▲3番手

本命にしませんでした。

この馬は折り合いが不安で、マイラー疑惑もありますが、今の東京の高速馬場でスローの上がり比べなら、少々折り合いを欠いても何とかなるはずです。

枠については
「JRAはダノンプレミアムを無敗のダービー馬として売り出したいから八百長抽選をした」
と見ている人も多く、圧倒的な一番人気です。

でもあえて本命にしませんでした。

まず、枠についてはライバル馬が良くない枠に入っただけで、この馬にとって1枠1番はそれ程よくありません

何故なら包まれる可能性があるからです。

今週からコース替わりで内が良くなり、オークスみたいに最内を開けて走るような事は無いと思います。

そのためスローで馬群が固まるレースだと、ラチ沿いを走るのはリスキーです。

朝日杯は前を走る馬が外にヨレる癖があったので、ポッカリ前が開きましたが、今回そうなる保証は何処にもありません。

また、レースの鍵を握るのがエタリオウとなります。

皐月賞ではワグネリアンのアシストとして同厩舎のジュンヴァルロを鉄砲玉に使いました

今回はエタリオウです。

世界のヒューボウマンが福永さんのアシストをするとは思いませんが、厩舎ではなくノーザンファーム視点でも前に行ける馬はエタリオウのみ。

◯田監督


「潰せ」
と指示する可能性も十分あるでしょう。

タックルするのではなく、ダノンの真横に付けて前走みたいに早仕掛けすれば、進路を潰す事が出来ます

また川田騎手は先週のグレイトパールを見ても解るように、内にこだわり過ぎる印象です。

能力差があるので外を回しても勝ち負けのはずですが、おそらく外へ出すことは無いと思います。

そこにスキが生じるはずです。

またダノンプレミアムの調整過程にも疑問があります。

皐月賞は挫跖で回避しましたが、陣営曰く「2週間ほど調教出来なかった」そうです。

しかし、新聞データなどを見る限り、時計として残るような調教は1か月も出来ていません

4月末から本格的に調教開始して、1週前調教は猛タイムを出していますが、完調ではないと見ました。

それでも能力的には抜けています。

この馬を消すほど「やんちゃ」な予想が出来る年齢では無いので、3番手とします。

本命はブラストワンピースです。

前走はラチにぶつかりそうになりながら、最内からこじ開けて来ました。

2走前も内から突き抜けています。

今回人気どころで馬群突破に問題が無いのはこの馬だけです。

枠も良い所を引けました。

前走の内容を考えれば、そんなに後ろからとはならないでしょう。

また、ローテーションもいいです。

「前走が毎日杯」云々言われていますが、1800Mだから毎日杯を使ったのではありません

ゆりかもめ賞を勝って、ダービーを最大目標として考えた場合、天栄で最大限に調整出来るローテーションが毎日杯だっただけです。

調教後馬体重から推測する限り、当日10KGぐらい増えているかもしれませんが、大半は成長分だと見ています。

力関係を考えれば皐月賞組を本命にしたかったのですが、どの馬も何かしらの問題を抱えているため、消去法的にこの馬を本命としました。

対抗:ワグネリアン
弥生賞・皐月賞の敗因はコーナリングです。

コーナー区間を速く走れないので、置いていかれて届きませんでした。

特に皐月賞は全く力を出し切っていません。

そういった部分で東京替わりは大幅なプラスだと思います。

また、今回は攻めに攻めた仕上げです。

当日のイレコミが少し気になりますが、皐月賞よりかは状態がいいでしょう。

問題は外枠です。

近年のダービーは4コーナーで外をブン回した馬は殆ど来ていません

ワグネリアンは普通に外を回しても馬券圏内に来そうな気がしますが、下手な事をして自滅するのが福永騎手です。

エタリオウのアシストに期待したい所ですが、対抗評価までとしました。

▲3番手:ダノンプレミアム
上記の解説の通りです。

4番手:ステイフーリッシュ

前走は「ダービーに無理矢理間に合わすための急仕上げ」と見て押さえ評価でしたが、圧勝でした。

藤岡騎手が上手く乗って恵まれた感もあるものの、調教を見る限り上積みがあるでしょう。

横典騎手がどう乗るか?は当然解りませんが、前走と同じ競馬をしてもOKですし、得意の最内突破を狙ってくれてもOKです。

能力的には高く評価している一頭で、恵まれれば勝ち負けまであると考えています。

△ヒモ:ジェネラーレウーノ
前に行けるという理由で買います。

皐月賞はジュンヴァルロに競りかけられ、非常に厳しい競馬でした。

それでも3着に残っています。

今回はあそこまで速くならないはずです。

ただ、ゆっくり行き過ぎても末脚比べで負けるでしょう。

そのため田辺騎手の乗り方次第となります。

外枠ですが、この馬は前に行けますので全く問題ありません

調教が良かったのと能力の高さを評価して押さえました。

押さえ:サンリヴァル
あまりにも人気がありません。

単複だけかと思いきや、馬連も全く売れてないです。

外枠だから嫌われているのか?
最近乗れてない浜中騎手だから嫌われているのか?
よく解りませんが、このオッズならノータイムで買います。

外枠についてはジェネラーレウーノと同様の理由で問題ありません。

陣営曰く「皐月賞後に疲れが出た」そうですが、調教はしっかり出来ています。

血統的にも高速馬場は得意としているはずです。

浜中騎手への乗り替わりは確かにマイナスかもしれませんが、オッズを見て急遽買い目に入れました(罠だと思いますが)。

 

押さえ:ステルヴィオ
皐月賞の敗因はイレコミです。

ルメール騎手はビビって折り合い専念の競馬をしました。

ワグネリアンの後ろから差そうとしたものの、ワグネリアンがコーナー区間で捲れずに仲良く圏外となります。

本来はスプリングSのように中団でも折り合える馬です。

おそらく今回はオークスのアーモンドアイのような位置取りを狙ってくるような気がします。

ステルヴィオはアーモンドアイみたいに「距離伸びた方がいい」とまでは言いませんが、折り合いはいい方です。

本質的に1600~2000の馬だと思いますが、この高速馬場なら2400も十分対応可能だと思います。



無印:キタノコマンドール
サンリヴァルを急遽買い目に入れたので、印を打てる数の関係上、キタノコマンドールを外しました。

前走の敗因はステルヴィオ同様にワグネリアンをマークした事です。

距離ロスが大きかった上に脚を余した形となります。

内有利の今の東京なら、この枠は絶好のように見えますが、キタノコマンドールは馬群突破をした事がありません

操作性がいい馬なので何とかなるかもしれませんが、デムーロ騎手はどう乗るでしょうか。

後ろに下げて→外に出して→捲って→息切れ、みたいなケースも考えられます。

調教を見る限り仕上がりはいいですし、能力的にも押さえていいですが、デムーロ騎手が前回同様やらかす事に期待します。

消し:エポカドーロ
前走の勝因は馬場のいい所を選んで通れる「操作性の良さ」だと思います。

しかし、明日の馬場でそういったアドヴァンテージはありません。

また、高速馬場にも不安が残ります(戦績的に雨が降った方がいい可能性も)。

更に不安なのが調教です。

今回は過去のパターンと全く違います。

早い時計が一回も出せていません

皐月賞の疲れが抜けきってないと見ました。

「前に行ける点」
「皐月で2着以下に差を付けている点」
を考えれば買わないのは無謀かもしれませんが、ここは攻めの「消し評価」としました。

同じく消し評価としてジャンダルム、テーオーエナジー、タイムフライヤーを挙げておきます。

目黒記念の予想の印を

[最強]競馬ブログランキング
で公開しています。

人気ブログランキング

予想の印

◎ブラストワンピース
◯ワグネリアン
▲ダノンプレミアム
★ステイフーリッシュ
△ジェネラーレウーノ
△サンリヴァル
△ステルヴィオ

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----