2017ジャパンカップレース動画

予備
https://www.youtube.com/watch?v=5_BlU7Za-4o

シュヴァルグランの評価を下げすぎたのが、反省です。



天皇賞組の状態も悪いので、馬券圏内はあると思いましたが、まさか頭まであるとは思いませんでした。

調教が悪かったのは間違いないはずですが、状態という理由だけで本命予定から6番手まで下げるのはセンスがないです。

ソウルスターリングやサトノクラウンを無印で、シュバルはいちおう印を打っていたのでまだマシでしたが、褒められた予想ではありません。

勝負の分かれ目はスタートでした。

レイデオロの出が良くなく、すぐさまキタサンに寄られて潰されます。

そこでブレーキをかけたので、ズルっと下がってしまいました。

 

キタサン武豊騎手の視点で言えば、『レイデオロに真後ろを取られるのが一番嫌』なので、潰せる時に潰しておくのが正解です。

その後キタサンは自分のペースに持ち込みます。

昨年程は恵まれませんでしたが、残り4ハロンからペースを上げて、後続に一瞬の脚を使わせません。

 

レイデオロにとっては最悪の展開であり、更に悪いことにルメール騎手は馬群の外に出して距離ロスをしました。

4コーナーの時点で

「ああ、こりゃ飛んだわ」

と思ったのですが、2着に来れたのは状態の差が大きかったからでしょう。

有馬でも十分勝ち負けのはずですが、藤沢調教師曰く休養させるそうです。

レイデオロ(ルメール騎手)が本来欲しかったポジションは、繰り上がりでシュヴァルグランが収まります

最後の直線でボウマン騎手は最内を避けるように外へ出し、完璧な騎乗です。

本来はレイデオロのルメール騎手がやるはずだったのですが、仕方ありません。

ソウルスターリングとサトノクラウンについては、状態が悪かったのと、血統通り「今日の馬場が向かなかった」のが敗因だと思います。

条件が揃えばこのメンバーでも十分通用するでしょう。

 

それに関連してミルコが何故大魔神を激怒させてまでサトノクラウンを選んだのか?不思議で仕方ありません。

おそらく京都大賞典の負けは「自分のミス」ではなく「馬が弱い」と勘違いしていて、更にシュヴァルグランよりサトノクラウンの方が「もっと状態が悪い」のを知らなかったのでしょう。

デムーロ騎手はG1でずっと馬券に絡んでいましたが、褒められる騎乗はマイルCSと秋華賞と安田記念と宝塚記念くらいしかなく(100歩譲ってエリ女)、馬の選択を間違えればこんなもんです。

 

サトノクラウンとは対象的に馬場状態が一番向いたマカヒキは3番手に推しましたが、イマイチ爆発しませんでした。

内田騎手は4コーナーでラフプレーに出るなど、気迫のこもった騎乗でしたが、離れた4着が精一杯です。

予想記事に書いた通り調教がイマイチだったので、おそらく状態の問題かと思います。

対抗評価だったイキートスは、出遅れ&直線ドン詰まりで全く力を出しきれずに終了です(ヽ´ω`)悲しいなあ。

といった感じで個人的には不完全燃焼に終わりました。


京都2歳敗因振り返り

こちらは恥ずかしい予想をしてしまいましたm( _  _ )m。

武豊騎手の状態を怪しんで無印にしたグレイルが1着

一方で僕の本命のミルコはお得意の八百長発動で競馬に参加せず

「怖いのはデムーロ騎手の手抜きだけ」と書きましたが、正解でした。

おそらく弟の単勝にぶっ込んでいたのでしょうね(# ゚Д゚)ざまあ見ろ。

素人でもおかしいと解るレベルの騎乗を許していたら、馬券買う人はいなくなりますよ、JRAさん。

チャンピオンズカップの注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----