今週は春天が行われる京都競馬場芝3200Mを解説しようと思います。

ただ、ご存知の通りこのコースは春天でしか使われません。

過去10年で集計したのですが、サンプル不足であり、データ的な意味は薄いと思います
と最初に断っておきます。



内枠有利

枠順別成績

1枠の成績が凄くいいです。

京都競馬場の他のコースでも同様の傾向があるので、内有利なのは間違いないでしょう。

でも個人的にはそこまで気にしていません。

京都3200は最初のコーナーまで距離があり、縦長になりやすいコースです。

そのため外枠の馬でも内が取れるケースも多々あります

外枠の馬を買う場合は、脚質と内に居る馬の構成を考えて判断しましょう。

サンデー系有利のように見えるが

種牡馬別成績

この表だけ見ればサンデー系の天下です。

サンデー系が秀でている「トップスピードが重要」そうに見えますが、必ずしもそうは言い切れません。

母父の成績や回収率を見て下さい。

母父サンデーは壊滅的です。

これは種牡馬のラインナップに原因があると思います。

近年日本にはスタミナタイプの種牡馬が居ません。

そのため、母父サンデーだとスタミナが足りない血統配合になりやすいです。

本来はマイネルキッツやトーセンジョーダンのように「サンデーを持たない馬の方がいい」と思いますが、その配合でG1で勝ち負けの実力馬は滅多に出てきません。

現状は「サンデー系種牡馬×母父スタミナタイプ」という組み合わせが優勢です。

荒れやすい

人気別データ

1番人気の成績や回収率が非常に悪いです。

そもそも過去10年、単勝・複勝の全頭買いの回収率は100%を大きく超えています

ノーザン・社台の成績も悪いです。

過去30年くらいまで遡ると比較的固いレースなのですが、近年主流の競馬とは異なる適性が求められます。

普通に予想しても無意味だと言えるでしょう。



先行有利

前走脚質別成績

データ的には前へ行ける馬が有利です。

ただ、「馬場の内がいい」という要因もあります。

差し馬はどうしても外に出す必要があって不利です。

 

また、高速馬場のため、騎手が「ハイペース」だと思っていても前が垂れません。

人気の差し馬が乗りへぐる事が多いので、逃げ・先行馬を買うのが基本となります。

今週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

競馬まとめ新着

-----sponsored link-----