ペースは引っ張る馬が居ないのでスローになるはずです。

早く仕掛ける馬すら居ないので、昨年と同様なスローの流れを想定して予想します。

 

本命はアルバートです。

前走は位置取り的に届くようなレースではなく、4コーナーでも若干不利を受けました。

シュタルケ騎手が心配ではありますが、少々ヘグっても大丈夫なコースなので軸はこの馬が無難なのかなと思います。



58.5KGも多少心配ですが、昨年に比べれば相手が弱いので、何とかなるはずです。

対抗はレコンダイトにしました。

前走は北村騎手が上手く乗りましたが、加速力が無いので京都外回りだと無理です。

今回は調教が良かったので、馬券圏内も十分あると思います。

アルバートとどちらを本命にしようか迷いましたが、スローにおける対応力の差でアルバートの方を上に取りました。

▲:マイネルサージュ
大穴ならこの馬です。

この馬はコーナリングが下手なので東京の方がいいです。

前走・前々走は出負けして後ろからとなりましたが、今回は周辺にゲートの速い馬が居ないのでいい位置取りが取れると思います。

春の東京では2走共負けていますが、厳しい流れを作るメイショウカドマツの逃げに付いていった結果なので、今回はガラリ一変に期待しました。

昨年の今頃に使った東京の南武特別(1000万)も内容的に完勝です。

ただ、東京2500Mのデータ傾向で紹介した通り、丹頂Sやオールカマーを使った関東馬はあまり来てないので3番手までです。

△ヒモ:スワーヴリチャード

状態の問題からか、夏の放牧から帰厩するのが遅れました

しかし、菊花賞をスルーして得意の左回り?まで待ったのが正解だったと思います。

調教を見る限り、状態は良さそうです。

問題は古馬との初対戦だけだと思います。

デムーロ騎手を乗せなくても四位騎手で何も問題ないはずですが、無駄に人気となっているためヒモ評価としました。

△ヒモ:デニムアンドルビー
近走は力を出しきれない競馬が続いています。

ちょっと人気していますが、押えたいです。

2500Mに関しては正直やってみないと解りませんが、スローの上がり比べは得意ですし、東京で2400Mならジャパンカップ2着の実績があります。

☓押え:人気ブログランキングで公開
他に買いたい馬が居なかったので、大穴馬をもう一頭挙げておきます。

スローの上がり比べを得意としている点を評価しました。

☓押え:セダブリランテス

デビューから3連勝と底を見せてないのでいちおう押えておきます。

3戦共着差は無いですが、内容的には完勝でした。

ただ、完璧に乗っていた石川騎手から戸崎騎手に乗り替わる理由はよく解りません。

鞍上弱化の可能性もあるため押え評価です。



無印:カレンミロティック
前走は「いかにも長期休養明け」の仕上げでしたが、無様なレースはしませんでした。

今回は調教を見る限り確実に上積みがあります。

ゆえに買おうかと思いましたが、輸送がある関東圏では全くと言っていいほど結果を残してないため、印を回しませんでした。

無印:プレストウィック
実力的には僕が印を打った穴馬よりかは上です。

しかし、この馬は厳しい流れの時にパフォーマンスが高い傾向があるので今回は無印にしました。

実際スローだった昨年のこのレースはトップスピード不足を露呈して、アッサリ負けています。

 

以上がアルゼンチン共和国杯杯の予想でした。

みやこSの予想[最強]競馬ブログランキングで公開しています。

 

予想の印

◎アルバート
◯レコンダイト
▲マイネルサージュ
△スワーヴリチャード
△デニムアンドルビー
人気ブログランキングで公開
☓セダブリランテス

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----