武蔵野ステークス2017の予想記事です。

本命はピオネロにしました。

意外にも東京ダートマイルは初めてです。

元々は芝を走っていた馬で、2歳・3歳時には重賞で上位に来るレベルで走っていました。

転厩前とは言え、モーリスにも先着した事があります。



芝の適性が求められる東京1600Mなら、パフォーマンスを上げると見ました。

対抗はモーニンです。

今回の相手なら楽に前へと行けると思います。

昨年から不振続きでしたが、ようやく復調してきた感じです。

横山典弘騎手でなければ本命でした。

これまで乗ってきた戸崎騎手やルメール騎手が別の馬を選んだ点は評価出来ないので、対抗までです。

▲3番手:人気ブログランキングで公開
近走は結果が残っていませんが、調教が良かったので狙ってみました。

△ヒモ:カフジプリンス
前走の敗因は小回りコースなのかもしれませんが、それにしても負け過ぎです。

今回も外枠を引けたのはいいですし、東京に変わったのはプラスだと思います。

ただ、調教がいつも通りのメニューをこなせていないのが気がかりです。

能力はトップだと思いますが、ヒモ評価までとしました。

△ヒモ:サンライズノヴァ
前走は相手が弱いとはいえ、初の古馬混合レースで勝ちきった事を評価したいです。

この舞台はユニコーンSで完勝しているので、更なる上積みもあるでしょう。

ただ、そのユニコーンSも含めて芝スタートの出が悪いです。

内枠を引いてしまいましたし、力を出しきれない可能性も十分あるので、ヒモ評価としました。

△ヒモ:インカンテーション
不調期は脱したようで、近走は高いパフォーマンスを見せています。

過去にはフェブラリーS2着の実績もあり、東京1600も問題ないでしょう。

枠も良い所を引けました。

☓押さえ:ロワジャルダン

この馬は馬群の中で立ち回るのが上手い馬です。

ゆえに内枠を引いた時が狙い目となります。

前走は慣れない1400Mと外枠が敗因です。

2走前の敗因がよく解りませんが、その後休養に入ったので状態か何かの問題だったと判断しました。

東京1600はベストじゃないかもしれませんが、フェブラリー5着の実績はあります。



無印:ベストウォーリア
フェブラリーS以降ピリッとしません。

前走は多少不利があったとは言え、内容的には完敗です。

実績のある東京1600Mとルメール騎手に変わって激変する事はあるかもしれませんが、ここは見送ります。

デイリー杯の予想を[最強]競馬ブログランキングで公開しましたのでよければ見てやって下さい。

予想の印

◎ピオネロ
◯モーニン
人気ブログランキングで公開

△カフジプリンス
△サンライズノヴァ
☓インカンテーション
☓ロワジャルダン

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----