今週はJBCとアルゼンチン共和国杯の予想をします(アルゼンチンの記事は土曜日の夕方更新予定)。

正直、JBCも2歳重賞も当たる気がしませんが、当てやすいという理由でこのレースを選択しました。

人気は上位4頭(アウォーディー、サウンドトゥルー、アポロケンタッキー、ケイティブレイブ)に集中している感じです。

前哨戦の日テレ杯



大井で行われた帝王賞

レースを観る限り、能力的には差がなく、状態や展開によって着順が変わるといった感じです。

そこで、本命はオールブラッシュです(当てに行く気0)。

前走はクリソライトに早目に潰されて、前々走は前に行けなかったのが敗因だと思います。

今回競りかける馬はケイティブレイブだと思いますが、そこまで飛ばさないはず

何故ならケイティブレイブはガンガン飛ばしたり、早仕掛けすると後ろから差されているからです。

福永騎手はそれを理解して乗るはずなので、この馬が恵まれる可能性は十分だと考えました。

川崎記念のレベルで恵まれれば

この相手でも十分通用します。

対抗はサウンドトゥルーにしました。

日テレ杯も帝王賞も上手く立ち回っていますが、僅かに届いていません。

常識的に考えれば「来ても3着まで」という評価だと思いますが、安定した走りをしている点を評価しました

他の人気馬は安定性がイマイチなので、繰り上がりで2着や1着にも期待します。

3番手はアウォーディーです。

大井での2走はピリッとしませんが、良馬場なら変わるかもしれません。

もう少し評価を上げたかったのですが、今のところ一番人気なのでこの評価にしました。

△:ケイティブレイブ
帝王賞の内容は強かったですが、再現性に疑問です。

前残りを仮定しているので押さえますが、「本命馬が恵まれて残った」た場合、この馬は何処にも居ない可能性も十分あるので評価を下げました。

 

無印:アポロケンタッキー

前走は折り合いを欠きながら終始外を回して押し切りました。

見た目の着差よりも強いと思います。

この馬は器用さが無いので、外枠を引いたのもプラスです。

普通なら買わないといけません。

ただこの馬は前走や昨年の東京大賞典みたいに、厳しい流れを作って粘り込む競馬を得意としています。

本命馬が恵まれるという仮定なので、思い切って無印にしてみました。

先にも書いた通り、サウンドトゥルー、アウォーディー、アポロケンタッキー、ケイティブレイブはレースをやる度に着順を変えているので、取捨選択を予想するのは難しいです。

上位人気の4頭ボックスで買えば大体当たると思いますが、それじゃ競馬は勝てません。

穴馬を軸として、軸馬が来る展開に決め打ちして、少ない点数で狙ってみます。

以上がJBCクラシックの予想でした。

ファンタジーSの注目馬を
人気ブログランキングで公開しています。

京王杯2歳ステークスの注目馬を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。



予想の印

◎オールブラッシュ
◯サウンドトゥルー
▲アウォーディー
△ケイティブレイブ

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----