アルゼンチン共和国杯2017レース動画

 

池添フザケンナ(# ゚Д゚)。

と怒るもハズレはハズレ。

スローと想定して予想しましたが、真逆も真逆でした。

上がり最速の馬でも35秒のスタミナ勝負となり、結果的に外を回した馬は距離ロスがモロに響いてノーチャンスです。



本命・対抗馬は枠順的にどうしようもありませんでした。

穴馬に挙げた馬も当然下位に沈みます。

マイネルサージュは予想通り先行できたものの、ハナに行ったのは驚きました。

1000M通過が60秒と少し早めでしたが、後続とは距離があったのでここから一旦ペースを落とせば問題ありません。

 

ところが、真後ろを走っていたカレンミロティックが馬を外に出して競りかけて来ました。

これにより残り1000Mからのロングスパートレースとなり、完全なスタミナ勝負となります。

カレンミロティックは最近こういう競馬をしてなかったので、想定外でした。

 

勝ったスワーヴリチャードは着差を付けたものの、かなり恵まれた上に再現性も乏しいので、額面通り評価するのはどうかと思います。

みやこS敗因振り返り

こちらは非常に惜しかったです。

テイエムジンソクもエピカリスも休み明け仕上げで、他の3歳馬やキングズガードも含めて多数ブッ飛ぶ事を期待しての「タムロミラクル本命」だったわけですが、テイエムジンソクの力が違いすぎました。

テイエムジンソクが4コーナーで前の馬を掃除してしまった結果、潰れた馬の煽りを受けたのがタムロミラクルです。

前が詰まりブレーキをかけた結果、致命的な差が付いてしまいました。

ルールソヴァールのように外を回していたら2着争いに絡んでいたはずです。

ただ、タムロミラクルは馬群の中を苦にしないタイプですし、「テイエムジンソクが4コーナーで外からお掃除してしまう」とは思いませんでしたので、川田騎手の騎乗には文句ありません。

馬券を取れなかったのは仕方ないとして、テイエムジンソクを本命せず対抗評価に落とした事が間違いであり反省点です。

チャンピオンズカップも当然軽い印は打てないでしょう。



エピカリスの敗因は状態だと思います。

少なくともルメール騎手は無難に乗っていました。

爪の状態が相変わらず良くないのかもしれませんが、まだ先のある馬ですから来年以降に期待です。

エリ女の注目馬と穴馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----