AJCC2018レース動画

 

先週のような
「予想と違ったけど当たった(*´∀`)テヘ」
が2週連続ある程、メタボ教授は運を持っていません。



いや、本当に田辺騎手は何をやっているのでしょうか(素直にミッキースワローから流しておけという話)。

 

予想と違っていた点は

・マイネルディーンのスタートが悪く、全く参加出来なかった(故障だったそうです)

・ゴールドアクターは「武豊騎手にわざわざ頼んだからレースを走れる最低限の出来にはある」という見立ては間違っていた(こちらも故障の可能性アリ)

の2点となります。

レースはマイネルミラノがハナに行くもドスローでした。

しかし、後続はゴールドアクターの武豊騎手のペースに合わせて走っています

ゴールドアクターは最下位だったように、レースを走れる状態では無かったようです。

結局の所、ゴールドアクターが壁役となって前を逃した形となります。

武豊騎手はいつの間にマイネル軍団に入ったのか?
と思うほど見事なアシストです。

「ペースが遅過ぎる」ことを察知して、最初に動いたのはミッキースワローの横典騎手でした。

トーセンビクトリーの田辺騎手はミッキースワローの前を走っていましたが、捲りをスルーします。

3コーナー、4コーナーでミッキースワローとの差は開くばかりです。

結局前に行った馬が1・3着、
2着のミッキースワローの仕掛けに付いていったディサイファが4着、
ゴールドアクターのペースに最後まで付き合ったトーセンビクトリーが5着でした。

根拠は間違っていましたが、結果的にはオールカマーと似た流れになったと思います。

トーセンビクトリーはいつも通りの競馬をしていれば余裕で馬券圏内だったので、誠に遺憾です。

 

勝ったダンビュライトは折り合いを欠く場面もありましたが、道中マイネルミラノを突っついてペースを上げさせたのが正解でした。

デムーロ騎手は武騎手のペースに惑わされず、上手く乗ったと思います。

着差的には完勝ですが、展開面の恩恵が大きいので、仮に継続してデムーロ騎手が乗ったとしても「ミッキースワローと互角」という評価でいいはずです。



 

東海S敗因振り返り

テイエムジンソクは心配したスタートを難なくキメた時点で勝ちは濃厚。

道中はアスカノロマンが捲くって来たので楽なレースではありませんでしたが、横綱競馬でした。

予想の方は
テイエムジンソクから流せば大体当たる
と思ったら、2着抜け。

コスモカナディアンは昨年の今頃は川崎記念でミツバ・ケイティブレイブ・サウンドトゥルーと差のない競馬をしていましたし、仁川Sでグレイトパールにも食い下がっています。

前走の敗因が解らなかったのと、除外で予定のレースを使えない状況だったので、印が回らなかったのですが、弱い馬ではありません。

ムラ馬なので次走人気で飛ぶ可能性もあるものの、今回のレースがフロッグでは無いので、また何処かで馬券になるでしょう。

来週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----