豪華メンバーが揃いました2018年弥生賞の予想記事です。

 

本命:ワグネリアン

昨夏から書き続けているように新馬戦の内容を物凄く高く評価していますので、負けるまでは全ツッパです。



完成度が高く、どんな展開でも問題なく対応出来ています。

初めての中山でも全く問題ないでしょう。

「コーナー4つの2000Mを既に経験済み」なのも安心材料です。

仕上がりは及第点程度だと思いますが、軸馬はワグネリアンしか考えられません。

対抗:ダノンプレミアム
ワグネリアンを力でねじ伏せられる可能性があるのはダノンプレミアムだけだと思います。

調教も良かったです。

ただ、前に馬を置くことが出来ない外枠に入ってしまいました。

前走は馬群の中で折り合えましたが、今回は引っかかる可能性もあります。

今後を見据えれば馬群の中へ入れずに、前々で押し切る競馬をやった方がいいですが、時計のかかる今の中山2000Mで果たして押し切る事は出来るでしょうか。

以上です。

この記事を書いている時点だと馬連が3倍も付いています。

ワイドは1.4倍~1.6倍も付くので、個人的にはワイド1点買うだけで十分です。

とは言え、東スポ杯ではワグネリアン=ルーカスのワイド1点勝負をした結果、終わってみれば1.1倍の払い戻しで悶絶しました。

いちおう3連系も併せて買うことを視野に入れて、他の馬にも印は打っておきます。

 

3番手:ジャンダルム

僕はワグネリアンとダノンプレミアムが突き抜けると考えていますので、3着は後ろから行く馬を買いたいです。

前走のホープフルSはハイペースを後ろから追走して恵まれました。

しかし今回もワグネリアンの後ろを付いていけば恵まれると思います。

調教を見る限り、仕上がりも良さそうです。

△ヒモ:サンリヴァル
ホープフルSはジャンダルムと逆でハイペースに泣いた馬です。

本来ならオッズ的にサンリヴァルの方を上に取るべきだと思います。

ただ、田辺騎手から藤岡佑介騎手に乗り換えはピンと来ません。

それと、ダノンプレミアムが早めに先頭へと立てば、逃げ・先行馬は苦しくなるはずです。

ダノンプレミアムがやらかした場合は、前残りの競馬になるでしょうから、いちおう押さえておきます。

ヒモとして買う馬も以上です。



無印:オブセッション
前走のシクラメン賞の内容をあまり評価していません。

いかにもタイムが出やすい馬群とペースでした。

仕掛けのタイミングを見れば解るように、いかにも大回り向きのタイプです。

中山の2000Mに変わるのはマイナスと見ました。

調教については、メイチという感じはしないですが、天栄でじっくり仕上げてきてあるのだと思います。

ここで負けても青葉賞に行くだけでしょうし、何が何でも優先出走権という競馬はしないはずです。

来たら来たでゴメンナサイして、今回は見送ります。

 

無印:リビーリング
こちらは実力の割に配当が付くので買っても良かったのですが、見送りました。

新馬戦はデムーロ騎手が果敢に出していき、最初のコーナーで
「曲がれないんごwwwww」
をやらかします。

他の騎手はそれを見て「近寄ったらマズイ」と察して控えました。

その結果、リビーリングは4コーナーまででセーフティリードを築いて、まんまと逃げ切ります。

2戦目は馬具の工夫などして、大人しい競馬をしましたが、ハッピーグリーンの末脚に屈しました。

今回は距離延長でコーナー4つの中山という事で、戸崎騎手は前走同様に慎重な競馬をするはずです。

能力的には高いと思いますが、勝ちに行く競馬はしないと見て買いませんでした。

消し馬としては無難に
トラストケンシン、
ヘヴィータンク
アラウン
アサクサスポット
を挙げておきます。

最下位を当てる単勝があれば、ヘヴィータンクにブッコミたいです。

調教を見る限り、レースを使う状態にも仕上がっていません。

 

もし仮に3着以内に来ようものなら、マイアミの奇跡、岡山の奇跡、菊花賞のキセキを上回るミラクルだと思います。

以上が弥生賞の予想でした。

ランキングサイトのクリックの協力をよろしくお願い申し上げます。

[最強]競馬ブログランキング

人気ブログランキング

予想の印

◎ワグネリアン
◯ダノンプレミアム
▲ジャンダルム
△サンリヴァル

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----