東京新聞杯2018の予想記事です。

馬場が雪絡みでよく解らない状況となりました。

今日のメインは外有利のようにも見えますが、逃げ馬が外を回したのがポイントとなります。



明日は良馬場に回復すると思いますが、外から差してくる馬は厳しいと見ました。

内枠の馬が有利と仮定して予想します。

ペースはトウショウピストが作るはずです。

縦長の馬群を作る馬ですが、後ろは無視するので、実質的にそこまで厳しい流れにはならないと思います。

本命:サトノアレス
迷いに迷いましたが、この馬にしました。

内枠の馬で、後ろから行きすぎず馬群突破経験が豊富な馬を選んだ場合、サトノアレスとなります。

この中間は藤沢厩舎とは思えないくらい、ハードな調教をやりました。

そこはあまり評価しておらず、「絞りきれないのかな?」と勘ぐっています。

おそらく太いと思いますが、常識的に考えれば成長分もあるでしょう。

ルメール騎手を確保出来なかったのも問題です。

柴山騎手でも悪くはありませんが、スタートが難しい馬なのでどうなるでしょうか。

不安点満載ですが、そういう馬を本命にしないといけないくらい、今回の予想は難しいです。

対抗:ディバインコード

前に行けるという点を評価しました。

トウショウピストと一緒に走ったレースで好走経験があるのも好材料です。

オーロカップ(6枠12番)

明日もこんな感じの競馬を想定しています。

血統的に1600は長いと思いますが、ギリギリこなせるはずです。

4歳馬の成長力に期待します。

 

3番手:クルーガー

前走は仕掛け遅れが敗因です。

2走前・3走前は悪くない競馬でしたが、勝ち馬とはライン取りで差が出ました。

あと一歩の競馬が続いています。

枠はトウショウピストやディバインコードを見ながらポジションを取れる最高の場所です。

逃げ馬が外を回すレースだと、浜中騎手は昨年のエプソムカップで上手い競馬をしています。

その再現が出来れば、おそらく勝つでしょう。

斤量的には恵まれたので本命も考えましたが、実力的に少し足りないと見ました。

昨年のマイル・スプリント路線は低レベルで、今年は「世代交代が起こる」と考え、4歳馬を上に取ります。

ヒモ:アドマイヤリード
府中牝馬は後ろから行き過ぎて完全に脚を余した形です。

前々走も同じような負け方でした。

そして今回も同じような負け方をしそうです。

ヴィクトリアマイルのような乗り方をすれば、もちろん勝ち負けですが、あの騎乗を藤岡騎手に求めるのは酷だと思います。

調教は悪くありませんし、インで我慢していれば十分チャンスはあるので買いますが、人気相応といった感じです。

ヒモ:ダイワキャグニー

前走の中山金杯は「マイネルミラノがロングスパートの流れ作った」のが敗因だと思います。

この馬のロングスパート適正はさて置き、問題はコーナリングが下手という事です。

3コーナーから騎手が必死に右へ曲げようとしています。

そんな状況でペースが上がったので、コーナーで完全に置かれてしまいました

最後の直線では巻き返しましたが5着です。

参考;中山金杯(5枠9番)

今回は府中に変わるので、その心配はありません。

ただ、いつもより調教が軽いのが気になります。

今日のような馬場傾向なら外枠もマイナスです。

このコースなら能力的にNo.1だと思いますが、ヒモ評価まで落としました。

押さえ:リスグラシュー
血統的に考えればズブいタイプです。

マイルに戻って後ろから競馬をすると、おそらく差し損ねるでしょう。

いつもならノータイムで消すのですが、今週の調教が非常に良かったです。

少なくとも3歳秋から確実に成長しています。

坂路でテンを飛ばす内容だったので、中団あたり取れるかもしれません。

4歳馬を中心に買うというコンセプトもあるので、あえて印を打ってみました。

押さえ:トウショウピスト

念のためトウショウピストも抑えます。

皆が思う通り、おそらく1200-1400がベストな馬です。

1600Mはオープンに上がってから1回使って惨敗しています(中京記念)。

ただし、これは「内伸び馬場なのに外を回した」レースであり、参考外です。

勝春騎手がどういうライン取りをするかは解りませんが、マグレで正解を当てた場合、逃げ残る可能性もあるでしょう。



以下、印が回らなかった馬の解説です。

無印:ストーミーシー

週頭の段階では本命予定でしたが、今日の競馬を見た感じだと外枠の差し馬は厳しいです。

明日外差しが決まる馬場なったなら ((((((~ ´∀`)~コッソリ買いますが、前日予想では無印となりました。

無印:グレーターロンドン
こちらも同じ理由で、印が回りませんでした。

今回は調教が良かったので買おうと思ったのですが、大外枠です。

ここからは消し馬となります。

消し:デンコウアンジュ
前走はエテルナミノルの捲りを上手くスルーしたのが好走の要因です。

この馬が一番恵まれたと思います。

今回は内枠に入りましたが、馬群突破経験が少ないのが気がかりです。

メンバーも揃っています。

前走は「いつ走るか解らないので抑えておく」という適当な理由で印を打って成功しましたが、今回は一転して消し評価にしてみました。

 

以下、ベルキャニオン、ガリバルディも消し評価とさせて頂きます。

 

本来ならリスグラシューをバッサリ消す予定でしたが、調教見てビビってしまいました。

ヘタレです。

「予想が迷走している」と自分でも感じますが、よくある事なのでご了承下さい(´・ω・`)。

 

きさらぎ賞の予想の印を

[最強]競馬ブログランキングで公開しています。

 

予想の印

◎サトノアレス
◯ディバインコード
▲クルーガー
△アドマイヤリード
△ダイワキャグニー
☓リスグラシュー
☓トウショウピスト

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----