2018皐月賞レース動画

予想記事にも書いたように、福永騎手がミスるのはバッチリ的中(^o^)って嬉しくねえよ。

対抗=3番手で決まりましたとさ(ヽ´ω`)

「藤岡の兄貴を本命にしない」という封印を解いていれば・・・と嘆いても後の祭りです。

ペースはスローと読んで予想記事を書きましたが、後でツイートしたようにジュンバルロの玉砕アタックの可能性を見落としていました。

ただ、2番手グループ(本体)は通常からややスローだったように見えます。

結局は前が残る形となりました。

 

ワグネリアンの敗因は「外に出した事」です。

前の馬を捉えきれなかったわけですが、それはワグネリアンの特性にあります。

前走を見れば解るように、少なくとも中山のコーナリングは苦手です。

福永騎手は早めに動きましたが、コーナーが下手な馬なので、仕掛けてもポジションを上げる事は出来ませんでした

ゆえに下げて外へ出すなら、バックストレートから動くべきなのですが、福永騎手の辞書にそういう騎乗は載ってないです。

 

本当は前走と同じ競馬をすれば勝ち負けでした。

スタートが良かったので、ケイティクレバーの後ろが馬なりで取れています。

その位置にいれば3コーナーから動く必要はありません。

馬場状況とペースを考えれば、最後の直線は馬群がバラけるので、内に居ても詰まる可能性は低いです。

といった事を福永騎手は理解してないので、「多分ミスるだろうなあ」と思って見ていました。

内枠だったので馬群の中に道中閉じ込められれば良かったのですが、スタート後すぐに外へ出せたのが運の尽きです。

キタノコマンドールのデムーロ騎手とステルヴィオのルメール騎手も騎乗ミスだと言えます。

この二人はワグネリアンが上位に来るという前提で、仕掛けのタイミングを伺っていました

ワグネリアンをマークしておきながら、「コーナーで捲れない」事を知らなかったのだと思います。

4コーナーまでワグネリアンのペースに付き合ってしまった結果、全く届きませんでした。

勝ったエポカドーロについては、強いの一言です。

展開に恵まれた形ですが、着差はつけています。

ダービーはダノンプレミアムが出てくれば展開も変わるでしょうが、高い評価になりそうです。

予想記事を書きながら
本命:福永騎手、対抗:藤岡佑介騎手、3番手:戸崎騎手
とか絶対当てる気ねえだろwww
と内心思ってましたが、惜しかっただけに戸惑っています。



アーリントンカップ敗因振り返り

こちらはクソ予想で誠に申し訳ございませんでしたm(_ _)m。

本命のインディチャンプはまさかの先行策。

馬群は抜け出すも、オルフェの凱旋門みたいに、残り200で内ラチにささって大失速。

ゴール直前で4着まで落ちました。

 

勝ったのは僕が消したタワーオブロンドンです。

天気予報では雨が降らないはずだったのですが、レースの1時間前から降り出しました。

おそらく雨により内が走りにくくなった結果、ルメール騎手やデムーロ騎手の馬が届いたのだと思います。

ただ、雨が降り出してから芝のレースはアーリントンカップしかなかったので、確証はありません。

アンタレスSの敗因振り返り

こちらも不的中。

グレイトパールですが、仕上がり途上という感じだったので本命には出来ませんでした。

替わりに15番人気モンドインテロを本命に。

4コーナーの進入まではグレイトパールより手応えが良かったので
「これは貰ったでえwwww」
と思ったのですが、GOサインを出した瞬間に、コーナーを回りきれず外に膨らんでポジションを大きく下げます(´・ω・`)。

そういえば芝でもコーナリングはそこまで上手くありませんでした(反省)。

 

来週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----