出走予定馬を見ると「簡単なレース」と思っていたら、案外難しいです。

ハナはアイトーンかロードヴァンドールが取ると思います。

どちらが逃げてもスロー寄りになると予想しました。



しかし、問題は馬場です。

若干内が有利ですが、今の京都は差し脚が活きない時計のかかり方をしています

それらを考慮した結果、買いたい馬が1頭も居ません(´・ω・`)。

しかし、見送りの選択肢はなく、強制参加なので印は打ちました。

本命馬:ムイトオブリガード
前走は超スローの中、ポジショニングと仕掛けのタイミングが悪かったのが敗因です。

今回はアイトーンやロードヴァンドールの外を引けたのは大きく、中団から前目で競馬が出来ると思います。

調教も良かったです。

ただ問題は今の京都の馬場となります。

この馬は高速馬場でしか結果を残していません

上がりがかかるような馬場や展開だと最後に失速しています。

今回はスローと見たので、一番上に取りましたが、本来は本命にする馬じゃありません。

他の馬は更にイマイチという事です。

対抗:ルックトゥワイス
こちらは逆に時計のかかる馬場が良さそうなので高く評価しました。

前走の内容は圧巻です。

本命馬には東京で対戦して完敗していますが、あくまで高速馬場での話であり、逆転の目もあるでしょう。

こちらを本命にしようかと思いましたが、調教はムイトオブリガードの方が良かったですし、オッズ的な旨味も案外無いので対抗評価としました。

3番手:アフリカンゴールド
この馬は折り合いが難しい馬でいつも引っかかっています。

前走の菊花賞でもかなり引っかかってました。

4コーナーでは仕掛け遅れてエタリオウなどに飲み込まれた形です。

今回は距離短縮ですし、騎手もミナリクさんに変わります。

2走前の内容を考えれば、ここでも勝ち負け出来る可能性は十分です。

4番手:メイショウテッコン
本当ならノータイムでこの馬を本命にする予定でした。

前走は包まれて競馬に参加していません。

2走前、3走前の内容を見ればわかるように世代トップクラスの馬です。

京都外回りを熟知している武豊騎手への乗り替わりもプラスだとなります。

馬場の対応も問題ないはずです。

それで3番人気ならお年玉なのですが、4番手に落とした理由は調教となります。

おそらく仕上がって無いです。

陣営は
「プラス体重での出走になると思いますが、重いのではなく成長分だと見て貰えれば…と思います。」
と言っていますが、当日のパドックには1頭牛が居るかもしれません。

押さえ:シュペルミエール
長期休養明けの2戦の内容を評価しました。

時計のかかる馬場にも対応出来そうです。

ただ、こちらも仕上がりはイマイチのように見えます。

 

押さえ:ロードヴァンドール
前走は八百典さんがレースを最初からぶん投げて調教替わりの内容だったのでノーカウントです。

今回は調教が良く、真面目にハナへ行く可能性が高いです。

スローに落ちても上がりの脚が使いにくい馬場なので、前に行く馬はなるべく押さえた方がいいと思います。

 

押さえ:グローリーヴェイズ
1番人気ですが、あまり評価はしていません。

前走は福永騎手が上手いこと乗っているので、デムーロ騎手に戻ってプラスという事は無いと思います。

また、溜めて切れるタイプなので、今の京都の馬場はよくないかもしれません。

消し評価にしてガンコを買っても良かったのですが、ガンコも昨年の今頃の状態には無さそうなのでグローリーヴェイズの方を取りました。



消し馬は無難に
マサハヤドリーム
サラス
ノーブルマーズ
としておきます。

京成杯の予想は忙しくてまだ出来ていませんので、明日の夜に[最強]競馬ブログランキングに印を打っておきます。

予想の印

◎ムイトオブリガード
◯ルックトゥワイス
▲アフリカンゴールド
★メイショウテッコン
△シュペルミエール
△ロードヴァンドール
△グローリーヴェイズ

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----