例年は内有利の京都金杯を予想していましたが、今年はツマンナイので中山の記事を書きます。

メンバーを見渡すとタニノフランケルが逃げそうですが、内田騎手はどう乗るでしょうか。

ホープフルのキングリスティアはわざと出遅れていただけに心配です。



タニノフランケルが行かないなら、マウントゴールドかヤングマンパワーが逃げそうですが、いずれにせよそこまで緩まないと思います。

馬場は例年通り「内外差無し」と仮定しました。

 

本命:ブラックバゴ

中山で厳しい流れとくればこの馬です。

状態に関しては近走の中で一番いいと思います。

基本的に外をブン回すしかないので、この枠も最高です。

人気も無さそうですし、昨年同様に正月戸崎騎手の確変に期待します。

対抗:ステイフーリッシュ
「能力的に高い」と2歳時から評価しているものの、ムラ馬でイマイチ結果が残っていません。

前走の内容は悪く無かったです。

古馬初対戦である事を考えれば、よく頑張っています。

直線が短い方が良さそうなタイプなのでここでも評価しました。

3番手:エアアンセム
当初は本命にする予定でしたが、調教を見て評価を下げました。

年明け以降調教時計を出していません

間隔が詰まっているなら問題無いのですが、年明け以降に時計を出してない馬は割り引いて考えています。

それだけの理由で評価を下げただけなので、普通に勝ち負けかもしれませんが、オッズを考えてブラックバゴに切り替えました。

4番手:サンマルティン

小倉記念は位置取りと仕掛けが敗因でしたが、前走は完敗でした。

この中なら能力的にトップだと考えていますが、状態や精神面に問題があるのかもしれません。

今回の調教もそこまで評価してないですが、いちおう押さえた程度です。

押さえ:ランガディア
戦績的には東京向きに見えます。

ただ中山での走り(ニュージーランドトロフィー)を見る限り、右回りのコーナーは全然大丈夫です。

最後の直線は馬場を気にしていたぽく失速しましたが、その後休んでいた事からも何処か痛めたのかもしれません。

そのため中山でも普通に走れる可能性は高いと考えています。

東京専用機という評価で人気しなさそうですが、押さえておいた方がいいです。

押さえ:マウントゴールド
厳しい流れで結果を残しているので当然買います。

調教も良かったですし、もっと高く評価しても良かったです。

ただ一番人気みたいですし、本命馬と真逆のポジションに居るので、押さえまで下げました(ブラックバゴに展開が向くなら、この馬には向かない)。

という理由なので、他の人はちゃんと買った方がいいです。

押さえ:タイムフライヤー

復調の気配を見せるまで消し評価でしたが、菊花賞の内容は良かったです。

4コーナーの仕掛けのタイミングが早くて外に膨れました。

それがなければ掲示板はあったと思います。

同じく外に膨れたブラストワンピースには完敗でしたが、今回の相手なら何とかなるでしょう。

中山実績もありますし、久々に馬券圏内はあると思います。



無印:アドマイヤリード

前走はいかにも上手くハマった感じでした。

マイルが得意で2000M以上で凡走しているのも気になる所です。

状態に関してはいいと思いますが、無印としました。

消し:コズミックフォース

秋2戦がピリッとしません。

調教を見る限りガラリ一変も無さそうです。

3歳春から成長してない可能性もあり、今回は消してみました。

 

同じく消し評価として

ヤングマンパワー・ウインブライト・ナスノセイカンを挙げておきます。

京都金杯の印は
[最強]競馬ブログランキングで公開中です。

予想の印

◎ブラックバゴ
◯ステイフーリッシュ
▲エアアンセム
★サンマルティン
△ランガディア
△マウントゴールド
△タイムフライヤー

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----