高松宮記念2018レース動画

馬場状態がよく解らず予想しましたが、結局今日の中京は良馬場発表だったものの、ブリザード陣営が言うには馬場がまだ乾ききっていませんでした。



後ろから差すのは厳しかったと思います。

また、最内は走れる状態ではなく、逃げ馬が内を開けて走っていました

デムーロ騎手も馬場を見て「大外から差すのは難しいので、内から外に出す」と判断したのは正しいのですが、物理的に届かない位置で競馬をしています。

前の馬と距離を取ることにより、ライン取りの選択肢を増やすというメリットはあるものの、それで前が詰まっていたのでは話になりません(#^ω^)。

結局前がクリアになったのはゴール前30Mくらいです。

一方で内から上手く外へ出したのがレッツゴードンキの岩田騎手となります。

ダンスディレクターの武騎手も上手く内を突いていました。

レッドファルクスは位置取りが後ろ過ぎて4コーナーで仕掛けざるを得ず内ピッタリに回る事が出来なかったのもレースを分けたポイントかと思います。

一方ファインニードルは道中ネロやブリザードを前に置いて折り合えたのが勝因です。

4コーナーでは膨れるブリザードに付き合う形で必要以上に外を回し、内からナックビーナスに潜り込まれる厳しい競馬でしたが、そこから力が違っていました。

2着~4着の騎手は上手く内から外に出しているので、ファインニードルは着差以上に強い内容だったと言えます。



日経賞敗因振り返り

[最強]競馬ブログランキング
で印を公開しましたが、本命は6番人気サクラアンプルールを指名するも、最後の坂で垂れて1着3着をかましました・・・。

道中はキセキが引っかかってしまったのがレースを分けたポイントです。

先週のクリンチャーと同じで馬が最後の直線だと勘違いして全力で走ろうとしていたように見えます。

1コーナーまで我慢すれば落ち着くはずなのですが、ルメール騎手はスローだと勘違いして、行かせました。

その後ガンコがペースを緩めた所にキセキが上がって来て、ガンコを交わして大逃げになった形です。

ガンコにとっては厳しい競馬になりましたが、切れ味が無いので寧ろ好都合だったと思います。

2着・3着は後ろで見ていた馬です。

田辺騎手はチェスナットコートが垂れてくる前提のライン取りをしていましたが、結果論的には垂れてこず無駄な距離を走ってしまいました。

サクラアンプルールは蛯名騎手から田辺騎手に乗り代わってプラスという理由で推しましたが、「蛯名騎手がチェスナットコートを選んだ」という視点が抜けていたのが個人的反省点です。

毎日杯振り返り

こちらはインディチャンプを本命にして、3着。

スタートから岩田騎手が手綱を引っ張って無理矢理下げました。

この馬は馬群突破の経験が無いので、てっきり「下げて外から差す」のだと思っていたのですが、4コーナーで外へ出しませんでした。

結局、前が開かず待った分だけ負けた感じです。

勝ったブラストワンピースは圧巻の内容でした。

位置取りが最高だったので「恵まれた」とも言えますが、最後の直線はかなり狭い所を無理矢理割っています

前目の位置取りが取れて馬群突破が出来る馬はダービーで有利です。

このままダービーの直行すればチャンスはあると思いますが、陣営はどう判断するでしょうか。

マーチS

横典さんの派手な八百長が炸裂・・・ヒモ馬が1-5着掲示板独占(ヽ´ω`)
特に語ること無いです。

 

次週大阪杯の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----