阪神大賞典2018レース動画

 

 

福永あああ゚(゚´Д`゚)゚。

と悶絶しましたが、



レースVTRを分析すると、福永騎手は比較的まともに乗っています。

レースは序盤、クリンチャーが引っかかって、後ろの馬には絶好のチャンスでした。

本命のサトノクロニクルはバッチリ折り合いが付いていて、貰ったも同然です。

ただ、この馬はズブい馬なので仕掛けても反応せず、4コーナーでレインボーラインに捲くられてしまいます。

それでもクリンチャーを競り落としてゴールかと思いましたが、川田騎手は右ムチを使って外に進路を取りました。

最後はアルバートの進路に蓋をするような走りでゴールです。

そのまま併せてクリンチャーを競り落とし、アルバートを3着にしてほしかったのですが、仕方ありません。

川田騎手の視点からすれば、4コーナーで一度クリンチャーと接触しているので、もう一回接触すると後で武豊騎手が怖いです。

そういった意味で藤岡佑介騎手から武騎手に乗せ替えたのはプラスでした(藤岡騎手なら道中スムーズだったのかもしれませんが)。

勝ったレインボーラインについては、まだ5歳馬なので多少成長していたかもしれません。

去年の今頃はコーナーをあんなスムーズに走れて無かったです。

勝ち方としては春天への再現性が0ですが、加速力がいい馬なので押さえる必要があるでしょう。

一方でクリンチャーは春天への予行演習として満点の内容です。

雨が降れば間違いなく重い印を打ちますし、良馬場でも押さえると思います。



フラワーC敗因振り返り

馬場は雨の影響で前有利と予想しましたが、良馬場でした。

本命馬のノームコアは4コーナーで手応えが怪しくなるも、何とか3着を確保(*´ω`*)。

ロックディスタウンの敗因は調整の問題もあると思いますが、今回も制御が全く出来ていませんでした。

2戦連続レースになってないので、次も厳しそうです。

勝ったカンタービレはデムーロ騎手が完璧に乗りましたが、思った以上に強かったので反省。

トーセンブレスも善臣先生が上手く乗っていたので反省です。

ファルコンSの敗因振り返り

アサクサゲンキなんて買えないです(´・ω・`)。

いかにも早熟のアメリカ産というイメージを持っていたので、ノータイムで無印でした。

本命のフロンティアは前へ行けず1400の流れで苦戦しましたが、何とか3着は確保。

出来れば2着で馬連くらいは当てたかったですが、仕方ありません。

ダノンスマッシュは出遅れが全てです。

この馬は前走出遅れ&引っ掛かりで気性が悪い所を見せていました。

テン乗りの騎手が上手く制御出来るとは思えなかったので、今回は押さえ評価まで下げましたが、次走一変するかもしれません。

勝ったミスターメロディは強い競馬でしたが、マイルカップに行った場合はコース適性に問題があると思います。

スプリングS

昨日のルメール騎手があまりにアレだったので

と勢いでつぶやいたものの、「仏若扱いしてすみませんでしたm(_ _)m」という結末に。

当日になって気が付きましたが、土曜日も馬場の内側が荒れていて、若干外が有利でした。

先週大補修したので今週も内有利だと思っていたのですが、今日は外を通った馬しか来ていません。

エポカロードの戸崎騎手もコーナーをピタリと回さずあえて外に出していました。

そんな中、ルーカスを本命にしてしまい反省です。

道中は折り合いを欠き、馬場の悪い所をずっと通って、坂の手前でデムーロ騎手はレースを投げてしまいます。

ちゃんと乗れば3着はあったと思いますが、皐月はキタノコマンドールかタイムフライヤーあたりに乗るつもりなのでしょう(ひょっとしたらワグネリアンかも)。

組織は異なりますが、勝利騎手に中指を立てたり、レース中にエルボーしたり、手抜き騎乗をするデムーロ騎手の免許が更新されて、中野省吾騎手が免許更新されないのはどうかと思います。

以上、馬券を外した愚痴でした。

最後に他のブログでも報告しましたが、今週確定申告を無事終えました。

読者の皆様には深くお礼申し上げますm( _  _ )m。

 

次週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----