この秋、最も攻めた予想でしたが、結果は大惨敗m(_ _)m

データに背いて差し馬ばかり買って、普通に前が残ってしまいました。



JBCスプリントは戸崎騎手のネロが全く行こうとせず、マテラスカイが楽々ハナを取りきりました。

戸崎騎手はあまりに早く引いてしまったので、マテラスカイの後ろを取れず、ベストポジションをルメール騎手に奪われます(武騎手はネロに砂をかけないよう3コーナーまで最内に寄せてないのに・・・)。

それが勝敗を分けました。

同厩舎のマテラスカイをアシストするなら、ハナを譲りつつもその後ろをガードしなければいけないのですが、戸崎騎手は何をしに京都まで来たのでしょうか。

ダートの上でも正座しろとは言いませんが、不可解な騎乗です。

 

レッツゴードンキの岩田騎手の騎乗も(´;ω;`)。

結局の所、岩田騎手に限った話ではありませんが、ジョッキーがいつもの中央の乗り方と同じ乗り方となり、「能力差が大きい」という前提の動きが出来ていませんでした。

馬群の中に入れてしまい、動くに動けずです。

4コーナーもったまま、最後の直線もずっとキタサンミカヅキに塞がれて前が開いたのは残り100Mの地点です。

JBCも同じような結果。

ノンコノユメの内田騎手なんて、アポケンのデムーロさん含めて
何処を走っているの?
といった感じです。

1000M通過が61秒のスローで捲りもせず、前に馬が居たのでペースが上がった瞬間に置かれてしまいました。

おそらくいつもと同じ感覚で乗っているので、スローだと思って無かったのかもしれません。

後ろは3コーナーからドン詰まりするので前有利と読めなかった僕の実力が浅はかでしたm(_ _)m。

 

レディスクラシックのラビットランはデムーロ騎手が地方仕様で上手く乗ってくれましたが、まさかの典さんです(´;ω;`)。

といった感じで大惨敗の京都JBCでした。



土曜日の振り返り

ルメールさんが乗る馬という理由で買ったら、出遅れ&馬場の悪い最内を通るというクソ騎乗されたんごwww。

OTL

京王杯も滅茶苦茶ドスローで振り返る事が何もありません。

アルゼンチン共和国杯

取ったと思ったら、パフォーマプロミス無印にしていましたm(_ _)m。

京都大賞典を回避して仕上がりがイマイチだったので何となく無印にしましたが、早まりました。

 

といった感じで今週はボロボロです。

この予感だけ当たってました・・・。

来週頑張ります。

次週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----