馬場は例年通り内外差は考えなくてもいいと思います。

展開についてはメイショウケイメイが逃げる形になりそうですが、後ろは無視する形になるはず。

平均ペースからの上がり比べになると見て予想します。



 

本命:クロノジェネシス

2歳戦は素質と伸びしろを重視していますので、この馬にしました。

前走は高速馬場を考えれば超スローだったのですが、前が開いたのは残り400Mを切ったあたりです。

そこから突き抜けています。

相手もそこまで弱くはありません。

新馬戦(小倉)も4コーナーまで馬群の中で我慢して前が開いたら突き抜けました。

200M~300Mだけ本気で走って勝負を決めてしまっているので、伸びしろは大きいと思います。

今回は真ん中の枠ですが、馬群の中で競馬が出来るというメリットを活かして欲しいです。

また牝馬の若駒という事で騎手が乗り替わりじゃない点も評価しました。

陣営によると今回が初の当日輸送だそうで、それだけが心配です。

 

対抗:ビーチサンバ
週頭までは本命にしようと思いましたが、素質や伸びしろという観点だと少し劣るので対抗評価としました。

前走は若干出遅れながらも中団を追走しました。

外から早め先頭となる形でしたが、シェーングランツに差し切られます。

シェーングランツも出遅れていますが、内で脚を溜めて4コーナーで上手く外へ出す競馬でした。

内容的にはこちらの方が強いですし、関東馬と関西馬の遠征関係を考慮すると今回は逆転出来る可能性が高いです。

調教も良かったですし、本命でも良かったのですが、思ったより人気になっているので、対抗にしました。

3番手:ダノンファンタジー
素質で言えばこの馬も高いです。

新馬戦は対戦相手(グランアレグリア)が強すぎただけで、負けたのは仕方ありません。

3着以下は引き離しています。

2戦目は余裕の持ったままの勝利です。

前走は1400でしたが、しっかり結果を残しました。

ファンタジーS組はあまり来ていませんが、スプリント適正の出走馬が多く、阪神1600Mには全く合わないからです。

この馬は1600の経験があるので問題ないと思います。

4番手:グレイシア
前走は一瞬だけ馬群が開いたスペースにねじ込む事が出来ずに閉じ込められました。

結果的には差し展開だったので、ペースが早すぎたのかもしれません。

今回は馬群に包まれない枠を引きました。

アスター賞の内容は良かったですし、それ故にアルテミスSでは1番人気です。

巻き返す余地は十分あると見て印を打ちました。

押さえ:ジョディー
前走の赤松賞は前残りで恵まれた形ですが、今回も恵まれる可能性はあると思います。

2走前はコーナーが上手く回れなかった事を考えると、長い直線の方が良さそうです。

また、2走前・3走前の競馬を見る限り、ラチの方向に行こうとしているので、この枠は絶好だと思います。

押さえ:トロシュナ
裏開催の新潟の新馬戦でしたが、強い勝ち方をしました。

この馬は天栄でしっかり調整してきたので・・・

といった感じで今回はノーザンファームの運動会と見て、ノーザン縛りで買いました

昨年も同じことをやりましたが、本命をロックディスタウンにしてしまいました(´・ω・`)札幌2歳から馬が変わりすぎでしょ・・・。

今年こそはリベンジです。



無印:シェーングランツ
前走は出遅れたものの、ライン取りは完璧でした。

今回は輸送もありますし、ビーチサンバを上に取ったのでこちらは買いませんでした。

押さえてもいいのですが、1-3人気を上位で指名していますので、自重しておきます。。

消し;タニノミッション
ウオッカの子どもという事で多少人気になっていると思いますが、新馬戦の内容は全く評価出来ません。

素直に消しでOKだと思います。

以下同様にローゼンクリーガー、ラブミーファイン、ウインゼノビア、スタークォーツは消しとします。

カペラSの印は
[最強]競馬ブログランキングで公開中です。

予想の印

◎クロノジェネシス
◯ビーチサンバ
▲ダノンファンタジー
★グレイシア
△ジョディー
△トロシュナ

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----