逃げるのは普通にサンライズソアだと思います。

基本的にはスローとなるはずです。

緩めば途中で動く馬も居ると考えられますが、動けるルヴァンスレーヴは内枠を引いてしまいました



そのため、昨年のチャンピオンズカップのようなスローになる可能性もあります。

本命:ケイティブレイブ

前走は後ろからの競馬でしたが、何とか差し届きました。

転厩してからは安定していい成績が残ってますが、これはライバル馬が衰えただけのように見えます

そのため、新興勢力を打ち負かせるかどうかは解りません。

ただ、今回の調教は良かったですし、ライバル馬に疑問点があるのでこの馬を軸としました。

左回りについては日テレ杯を見る限り問題ありません。

フェブラリーSは特殊なレースですし、昨年のチャンピオンズCは内枠で包まれたのが敗因です。

今回は外隣にサンライズソアが居るのは厄介なものの、包まれる事はないでしょう。

ぶっちゃげルヴァンスレーヴの方が強いと思いますが、オッズを考えればこちらを本命にするのが正解です。

対抗:オメガパフューム
前走は後ろから行き過ぎたのが敗因だと思います。

最後はよく詰めていました。

このレースは3歳馬の成績が悪いですが、今回は当てはまらないと思います。

過去にも何度か書きましたが、ダート古馬重賞は特殊な流れであり、経験が薄い3歳馬には厳しいです。

しかし、オメガパフュームはここ2走古馬相手にしっかり結果を残しています。

前走より1KG増というのはマイナスでが、その分は肉体的な成長やレース経験という成長で埋まるはずです。

問題は和田騎手が怪我で乗れなくなった事だと思います。

ちょっと気難しい馬なので弟デムーロ騎手に変わってどうでしょうか。

また、左回りについても若干不安です。

東京で負けたのは芝コースで出遅れて、その後折り合いを欠いただけで、左回りのコーナリングは問題ありませんでした。

ただその時、最後の直線で兄デムーロ騎手が外に出そうとするも馬が言うことを聞かずに、仕方なく内に切れ込む形となります

明日も内にささって身動きが取れず、追えない局面が出てくるかもしれません。

調教はいいので、このオッズなら積極的に買いたいですが、不安点があるため対抗としました。

3番手:ルヴァンスレーヴ
強いのは解説しなくてもご存知の通り。

前走は初の長距離遠征・古馬との対戦だったにもかかわらず、ゴールドドリームをねじ伏せました。

JDDでオメガパフュームにも完勝していますから、常識的に考えればこの馬が一番強いです。

問題は内枠となります。

JDDでもこなしてので問題はないですが、馬群突破の経験が無いので外へ出す必要があるでしょう。

伏竜Sは早め早めの競馬で伸びを欠いたので、先週のアーモンドアイみたいな競馬は無理だと思います。

一旦下げた場合、バックストレートで捲くるならいいのですが、コーナーで捲くるのは難しいです。

中京のコーナーは下り坂となっていて、東京や盛岡みたいな捲り方は出来ません

4コーナーで後方でも、昨年のゴールドドリームみたいな競馬が出来るかもしれないので、いちおう3番手にはしましたが、オッズ的にはおいしくないと見ています。

4番手:パヴェル
能力的に最上位の可能性があるので買いです。

前走のBCクラシックでは4コーナーで前が詰まってブレーキをかける不利がありました。

BCクラシック(8番)

海外遠征経験もあり、今年のドバイWCで4着です。

6着のアウォーディーに2馬身しか勝ってないので軽視されているのかもしれませんが、アウォーディーは着拾いの競馬をしています。

実際の差はもう少しあるはずです(ウエストコーストに2馬身負けただけとも言えますし)。

先週までのようにJRAが馬場をいじって(水を撒いて)この馬向きにする可能性も十分でしょう。

それで現在9番人気なら積極的に買いたいです。

押さえ:サンライズソア
前走の評価は難しいですが、僕は力を出し切ったと見ています。

4走前に出遅れたのが気になりますが、ここ3走は悪くありません。

今回も単騎逃げが見込めるため、恵まれる可能性は十分です。

前走は「差し有利」と予想して切りましたが、今回は押さえます。

押さえ:ノンコノユメ
前走は出遅れて、物理的に届かない位置を走ってました。

残り1000Mから動き、コーナーで差を詰めましたが、最後は脚が上がります。

能力的にはここでも勝ち負けですが、前走は「実は右回りの方が得意」という理由で本命にした手前、今回は押さえ評価まで下げました。

押さえ:ウェスタールンド
前走は「2000Mでも追走に苦労しているのに、東京ダート1600は大丈夫?」という理由で評価を下げました。

しかし、追走は大丈夫だったように見えます。

ただ、折り合いを欠いて、3コーナーではインカンテーションにぶつかり、レースどころではありませんでした。

今回はどういう競馬になるか解りませんが、後ろで脚を溜めればシリウスSの再現もあるはずです。



消し:サンライズノヴァ
1800の成績がイマイチです。

長い距離が問題なのかもしれませんが、コース適正の問題もあると考えています。

この馬は反応が悪い馬です。

フェブラリーSでも4コーナーで周りの仕掛けに付いていけませんでした。

東京コースなら4コーナーで置かれても大丈夫なのですが、中京だと厳しいと思います。

近走の内容は申し分ないものの、全て東京ダートでの成績です。

そのため、消し評価が妥当だと考えました。

同じく消し評価としてアスカノロマン、ミツバ、アポロケンタッキー、センチュリオンを挙げておきます。

[最強]競馬ブログランキングで公開

予想の印

◎ケイティブレイブ
◯オメガパフューム
▲ルヴァンスレーヴ
★パヴェル
△ノンコノユメ
△サンライズソア
△ウェスタールンド

お知らせ、競馬で勝ち続ける1%の人になる方法2019年度版バージョンアップとして新コラムを年末に追加する予定ですm(_ _)mこれからぼちぼち書きます。

質問もまだまだ受け付けておりますので、本の最後のページのQRコードやURLからおまけコンテンツに飛んで専用の問い合わせ窓口よりお願い申し上げます。

紙の書籍版・電子書籍版共通で、昔買っていただいた方も遠慮せずにご質問頂ければと思います(追加コラムも読めます)。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----