今年から重賞に昇格したレースですが、開催日は微妙に変わっています。

そのため、過去のレース傾向は参考にしませんでした。

 

京都芝1200は基本的に内枠有利です。



ただ先週の競馬は外有利傾向でした。

そのため、判断が難しい所です。

 

過去のダービー前日における京都芝を調べました。

開催最終週なので外が伸びるかと思いきや、この日は案外内が伸びます

昨年もガラリ一変で内有利馬場となりました。

そのため今年もインチキ内伸び馬場だと仮定して予想します。

 

本命:ゴールドクイーン
前走は引っかかって無理矢理押さえた結果、スローすぎて上がりの脚比べで負けた感じです。

距離短縮でペースが速そうな今回はプラスだと思います。

芝1200Mだと昨年の小倉で強い競馬をしました。

そのためスプリント適性の高い馬だと考えていますが、ゲートからのダッシュ力はそこまで良くありません。

ラブカンプーの外なのは助かりました。

なおかつ内目の枠が引けたのは良かったです。

現状あまり人気が無いので、本命にしてみます。

対抗:アンヴァル
フィリーズレビューは脚質転換で控える競馬を試して4着。

桜花賞に駒を進めましたが、距離が長過ぎました。

1200Mでは底を見せて居ません(新馬は3着と負けましたが、出遅れ&舐めプで脚を大きく余した形)。

ここは圧勝もあると見ています。

お父さんはロードカナロアで、先週は「短距離血統とは思わない」と解説しましたが、この馬はおそらく短距離馬です。

アーモンドアイとはお母さんが違います。

アンヴァルの母:アルーリングボイス、母母アルーリングアクトは夏の小倉1200Mで重賞を勝った馬です。

最近ようやく暖かくなって、平坦の1200の今回は狙い目だと思います。

 

3番手:オジョーノキセキ
前走のマーガレットSは出遅れが敗因です。

最後の直線も前が開かず、脚を余しました。

操作性が悪く、折り合いを欠く馬ですが、馬群をこじ開けるような競馬を何度もしています。

内に潜り込んで、上手く馬群を抜け出せれば勝ち負けと見ました。

4番手:ラブカンプー
テンが非常に速い馬で、ゴリゴリのスプリント馬といった感じです。

ここ2走は距離が長過ぎたと思います。

調教はテンから飛ばすように変えているので、おそらくこの馬がハナを切るでしょう。

インチキ馬場と仮定しているので、「行った行った」は十分あると見ています。

ただ血統を見ると成長力に疑問があるので、4番手としました。

押さえ:レグルドール
前走はスローすぎて切れ負けた感じです。

折り合いもよくありませんでした。

今回のメンバーを見渡す限り、過去の好走時と似た流れになると思います。

あと、たまたまかもしれませんが、この馬は輸送を考慮して直前の調教をセーブした時に好走しています。

今回は長距離輸送はありませんが、直前の調教をセーブしました。

その替わりに1週前に栗東坂路で自己ベストを大幅に更新しています。

前走からガラリ一変があると見て、買いました。

押さえ:タイセイプライド
1400でも折り合いを欠いて、押さえるのに一苦労の馬です。

ファルコンSはミスターメロディに早々と交わされるも、しぶとく粘っています。

1200に戻る今回は当然買いです。

外伸び馬場なら本命でも良いのですが、枠の関係で押さえとしました。

 

押さえ:アサクサゲンキ

前走は内を上手く立ち回った形です。

レース内容からすればタイセイプライドの方が上だと思います。

ただし、今回も内を立ち回って恵まれる可能性が十分です。

人気なのでバッサリ切りたいのですが、例年のインチキ馬場なら押さえは必要だと思います。



今回は馬場が内有利と見て外枠の馬を軽視してみましたが、それが正しいかどうかは明日になってみないと解りません。

そのため、人気どころで消し評価馬を選ぶのは見合わせました。

消し評価は能力的に足り無さそうなアイアンクローとウインジェルベーラだけにしておきます。

ダービーの注目馬を

人気ブログランキング

[最強]競馬ブログランキング

で公開しています。

予想の印

◎ゴールドクイーン
◯アンヴァル
▲オジョーノキセキ
★ラブカンプー
△レグルドール
△タイセイプライド
△アサクサゲンキ

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----