難解な東京開催と違って、こちらは超簡単なレース(^o^)

逃げるのはマルターズアポジーでしょう。

昨年の七夕賞はシルクの鉄砲玉として石川騎手がアポジーに無理矢理競りかけて物議を醸しましたが、今回はアポジーの鞍上が武豊騎手です。



競りかけて潰す度胸は無いと思います。

そもそもモンドインテロのダッシュ力では、競りかけるのが不可能です。

出ムチを入れてダッシュしても、阪神の1コーナーは急なので曲がりきれないでしょう。

 

マルターズアポジーの単騎逃げとなり、おそらく2017大阪杯のような縦長の流れとなります。

後ろはマイルのペースの追走が求められるでしょう。

ということで、マイル実績馬を買うだけの簡単なレースです。

マイルで馬券になった事がない馬を消していった結果、残ったのはテイエムイナズマとなりました(´・ω・`)無理。

何でこういう時に限って、マイル実績馬が居ないのでしょうか。

本命:マルターズアポジー
この馬はマイル実績馬ですが、2000は少し長く、ベストの距離ではありません。

ただ、自分のペースで逃げた時はしぶといです。

状態については直前になって栗東滞在しています。

関西圏で結果を残してないのはペースの問題で、輸送が原因とは思えないので、調教パターンの変更は少し気になる所です。

ただ、輸送後に好時計を出しているので「問題ない」と見ました。

武豊騎手の睨みを利かせた騎乗に期待します。

対抗:トリオンフ
能力的には非常に高いと思いますが、問題は騎手がちゃんと乗れるかどうかです。

コーナー区間から捲くるような競馬をすれば勝ち負けですが、ここ2走は騎手がコロコロ変わって仕掛けのタイミングが間違っています

今回ルメール騎手に変わって未知数ですが、「陣営が早仕掛けを指示してない」のは明白なので、ここでも取りこぼしはあるでしょう。

状態に関しても使い詰めで流石に「上積みは無い」と思います。

能力的には頭一つ抜けているはずですが、対抗評価に落としました。

3番手:ストロングタイタン
前走は明らかな叩きで、今回は調教も動いています。

マルターズアポジーのペースは2017小倉大賞典で経験していて5着です。

最内をうまく立ち回ったものの、直線前が壁となって抜け出すのが少し遅れました。

評価に難しい内容ですが、全く駄目ではないと思います。

4番手:トリコロールブルー
過去のレースを振り返ると、特殊レースが多すぎてこの馬の適性がイマイチ判りません

追走に手一杯の可能性もありますが、「4歳になって急成長した」事に期待して押さえました。

 

11頭立てで1~4番人気全て買うので印は以上です。



無印:タツゴウゲキ
長期休養明けの馬です。

脚部不安で休んでいて、これまでトラック調教だったのが、足元の負荷が少ない坂路に変えています

本数は十分こなしているので仕上がっているかもしれませんが、常識的に考えれば「ここは叩きでサマーシリーズ転戦が目標」だと思いますので見送りました。

無印:サトノノブレス
2年前のこのレースはレコードで勝っています。

ただ、最近はピリッとしないです。

2走前も位置取りに恵まれただけで、今回メンバーで再現性はありません。

 

といった感じで有力馬を解説をしましたが、正直お手上げです。

スローの上り比べで得意な馬をバッサリ消したい所なのですが、そういう馬が居ないので困っています。

求められる適性が判り易いレースなのですが(マイラーでインから差せる馬)、
それに
「合致するので買いたい馬」
「逆の適性なので切りたい馬」
というのが見当たりません・・・。

マルターズアポジーにトリオンフが居るので本来簡単なレースのはずですが、遺憾の意を表します。

安田記念の注目馬を

人気ブログランキング

[最強]競馬ブログランキングで公開しています

予想の印

◎マルターズアポジー
◯トリオンフ
▲ストロングタイタン
★トリコロールブルー

 

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----