逃げ候補はウインテンダネスとキセキとなります。

ウインテンダネスは前走ユルユルの流れを作りましたが、2走前は縦長の流れを作っています。

キセキの前走はスローで逃げましたが、早仕掛けしています。



以上の事から、前半は実質スロー(ウインが大逃げしても後ろはスルー)からの後半ロングスパートレースになると仮定しました。

 

昨年は外伸び馬場でしたが、今日のレースを見る限りは先週の延長線上です。

馬場は内外差無しのフラットと見て予想します。

 

 

本命:アーモンドアイ

前走の秋華賞はある程度流れて、距離ロス無く立ち回った馬が有利でした。

アーモンドアイはずっと外を回して押し切ります。

 

強いのは言うまでもありません。

 

問題は内枠という点です。

いちおう新馬戦で馬群突破の経験はありますが、2着に負けています。

今回はノーザンの運動会なので前が詰まる可能性は低いものの、外人ジョッキーが多いだけに日本のわびさびが通用しない可能性は十分です。

調教に関してはまずますだと思います。

前走は蹄の関係で坂路追いとなりました。

今回はウッドコースで出来ています。

タイム自体は平凡なので「大きな上積みがある」とまでは言いませんが、前走よりかは良いと見ました。

古馬と初対戦になりますが、オークスも秋華賞もそれなりに厳しい流れでしたので対応可能だと思います。

男馬と初対戦でもありません。

オークスや秋華賞のオッズを考えれば今回はおいしくありませんが、いちおう本命としました。

対抗:サトノダイヤモンド
前走はウインテンダネスの大逃げを捕まえに行く形で、残り1000Mからペースが速くなります。

最後はレッドジェノヴァに詰められましたが、内容的には完勝です。

今回の調教を見る限り良かった頃に戻っています

アーモンドアイを力でねじ伏せる可能性すらあるでしょう。

サトノダイヤモンドを本命にしようか、正直迷いました。

この馬も不安点は内枠です。

大阪杯では「馬群突破の経験が浅いので最内枠は大きなマイナス」という理由で消して正解でした。

ただ、その後の2走は内枠でも早めに外へ出す競馬が徹底出来ています

乗り変わったモレイラさんが正しく乗れるか心配ですが、東京競馬場なら最悪外に出さなくても何とかなると見ました。

3番手:シュヴァルグラン

前走の敗因は4コーナーでサトノダイヤモンドに捲くられた事です。

この馬は何度も言うようにコーナリング性能がよくありません

そのため東京替わりはプラスだと考えています。

昨年のJCは1週前追いきり後にデムーロ騎手が突然乗り捨てて、最終追いもグダグダでした。

「状態が悪い」と見て、ヒモ評価まで下げてしまうミスをしてしまいます(´・ω・`)。

一方で今年の調整は順調です。

もう少し内目の枠なら良かったのですが、この人気なら高く評価します。

4番手:ミッキースワロー
4歳馬の最上位は捻ってこの馬としました。

札幌記念は最後の直線で前が開かなかったのが敗因です。

追っても反応しなかった事から、濡れた馬場もよくなかったかもしれません。

大阪杯はサトノと同じく内枠が敗因です。

サトノと違って道中に上手く外へと出せましたが、距離ロスが痛かったと思います(上位は内を通ってきた馬)。

AJCCはポジショニングが敗因ですし、昨年の菊花賞は別競技なので参考外です。

といった感じで

強い勝ち方をしたセントライト記念以降力を出し切っていません

今回は初の東京競馬場となります。

この馬はそこまでコーナーが上手じゃないので、案外プラスかもしれません。

あとは典さんが真面目に乗ってくれるかどうかですが、このオッズなら押さえた方がいいでしょう。

押さえ:キセキ
ここ2走は川田騎手が上手く乗っています。

展開に恵まれた感じなので、あまり評価はしていません。

しかし、今回も恵まれる可能性は十分です。

3着くらいはあると見て押さえました。

押さえ;スワーヴリチャード
前走は折り合いのため意図的に後ろから行こうとしています

ところが、マカヒキからタックルを喰らってズルっと下がりました。

秋天2018、スワーヴリチャード4枠5番

後ろポツンをしていた横典騎手の更に後ろを走り、マカヒキに蓋をされて動けず終了です。

そのため着差は参考外となります。

巻き返しは必至ですが、問題は馬の精神面です。

この馬は元々操作性がいい馬ではありません(折り合いを付けるためにわざと出遅れるのはそのため)。

前走は残り250Mからレースをヤメているので、馬が最後まで全力で走るのか心配です(これはミッキースワローにも言える事ですが)。

また調教が緩いのも心配です。

距離延長を見越した内容なのかもしれませんが、積極的に買いたいとは思えません。

正直無印でも良かったですが、他に買いたい馬も居ないので3連系の押さえには入れておきます。

という事で今回は印を6頭に絞りました。



無印:カプリ

血統的にはガリレオ産駒という事で日本の馬場は合わないでしょう。

ただ、昨年のアイダホ(ガリレオ産駒・オブライエン厩舎・ムーア騎手)は5着に来ています。

アイダホより強いので3着はあるかも?
と考えましたが、昨年のJCの5着は勝ち馬から1秒離されています

今年は0.5秒差の5着と見て買いませんでした。

無印:サンダリングブルー
血統的にはいかにも日本の芝に合いそうですが、中距離の上がり比べとなると厳しいような気もします。

戦績についても悪く無いですし、騎手も真ベリーなので買いたい所ではありますが、見送りました。

 

消し馬はサトノクラウン・ノーブルマーズ・ウインテンダネスとしておきます。

京阪杯の予想の印は[最強]競馬ブログランキングで公開していますのでご確認下さい。

所用により振り返り記事は日曜深夜か月曜の午前中になる予定です。

予想の印

◎アーモンドアイ
◯サトノダイヤモンド
▲シュヴァルグラン
★ミッキースワロー
△キセキ
△スワーヴリチャード

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----