朝日杯フューチュリティステークスのレース動画2017

予備



 

週頭で公開した予想の通り
「本命ステルヴィオ、対抗ダノンプレミアムで”穴馬は無し”」
で良かったのに、結局ブログの予想記事では迷走してしまいました。

考えれば考えるほどドツボにハマる事ってよくありますよね。。。

馬連5.5倍なら1点勝負でも悪くなかったのですが、それだとブログで書くことが殆ど無くなります(オイッ)。

3着にタワーオブロンドンが入ってプラスにはなりましたが、余計な穴馬を買ってしまったがために「だからどうした?」という勝ち額です。

レースはケイティクレバーが押して行きます。

結果的には想定よりも速く流れました

フロンティアはどうするかと思いきや、「無理矢理控えてレースに参加しない」形でダノンプレミアムをアシストした感じです。

アサクサゲンキの姿も見えず、2番手はファストアプローチとなります。

ファストアプローチはノーザンの馬です。

それと同時に藤沢厩舎の馬でもあります。

おそらく、ダノンプレミアムを閉じ込めるためにあの位置取りだったのでしょう。

これは嬉しい誤算・・・ではなく、嫌な予感がしました。

そういったのは漏れなく的中します。

4コーナーを回ったらダノンプレミアムの前がポッカリ開いていました

これはファストアプローチがダノンプレミアムに道を譲ったわけではありません。

予想記事で解説した通り、ファストアプローチはコーナリング能力が低い馬なので、GOサインを出した瞬間に外へ膨れてしまっただけです。

シュミノー騎手は馬の特徴を予習せずに乗っているので、「多分内がポッカリ開くだろうなあ」と思って見ていましたが案の定でした。

こればかりは仕方ありません。

逆にステルヴィオは包まれたのが痛かったです。

前を走るアイアンクローがフラフラ走ってブレーキをかける状態でしたし、ダーレーのライトオンキューが後ろから捲くってきて外から閉じ込めにかかりました。

ああいう事をさせると四位騎手は上手いですよね(ヽ´ω`)。

それが無くてもダノンプレミアムを逆転するのは無理でしたが、何とか2着には来てくれました。

パドックも悪かったですし、負けて強しの内容です。



ターコイズS振り返り

こちらは比較的高めの配当が的中したものの、「少額だけ押さえる」と書いていた通り、フラットには買ってないです。

払い戻しとしては大きな金額にはなりませんでした。

2番人気と6番人気をしっかり消した上での掲示板独占なので、予想としては満足していますが、そんなのどうでもいいからお金が一杯欲しいです(´・ω・`)。

レースはリエノテソーロが奇襲的に逃げました。

平均ペースですが、道中緩まず流れます。

それなのに、エテルナミノルが外から捲くろうとしました

おそらくラビットランを閉じ込めるためです。

デムーロ弟も色々察して突っ張りましたが、4コーナーで余計に外を回す結果となり、その分だけ最後止まりました。

インで詰まった青い帽子の2頭は脚を余した形ですが、距離ロスが無かった点では恵まれたと言えます

ミスパンテールの脚には正直驚きましたが、そこまで高く評価する必要はないはずです。

 

昨年はボロボロだった師走の予想も、今年は何とか形になっています。

残すは有馬とホープフルと東京大賞典です。

最後まで手を抜かず頑張ります。

有馬記念の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----