2017安田記念のレース動画。



という事で東京競馬場の5週連続G1全てハズレ。

と言いますか「近年一度も当てた記憶がない」という事を昨年の冒頭ではお話しましたが、今年の冒頭にその話するのを忘れていましたm( _  _ )m。

ペースは最初の3Fが33.9でしたが、超高速馬場で時計は全体で2秒くらい下駄を履いているので実質的には34秒台後半で、やや速い程度です。

レースVTRを見れば解るように先行争いはスンナリ決着が付きましたし、ロゴタイプは残っています。

馬群も密集していたので「後ろで脚を溜めている馬が恵まれた」という流れでもありません。

スタミナは問われましたが、先行馬も残れる流れでした。

無理なく先行出来て楽々追走していた本命馬のブラックスピネルがあんな止まり方をする理由は正直解らないです(出遅れて無理に上がって終始大外回されたヤングマンパワーの凡走は仕方ないにしても)。

結果的には僕の前残り予想とは裏目を買うのが正解でしたが、本来当たっているはずの「サトノアラジン=エアスピネル」の馬券がハズレているのはもちろん武豊騎手のせいです。

ここ2走切れ負けしているにも関わらず、今回も無意味に脚を溜めてました。

エアスピネルのスタートは良かったのですが、後ろに下げています。

馬なりで競馬していれば楽勝していたレースです。

結局前が壁となって大きく脚を余す結果となりました。

人気ブログランキングで語った通り、

馬の能力や適性を考えると本来はエアスピネルから流すのが正解です。

しかし、武豊騎手だから軸にはしないという選択も結果的には正解でした(でもサトノアラジンから流すという選択肢は頭に無いらしい)。

武豊騎手が手放したポジションを替わりに拾ったのがデムーロ騎手となります。

「僕がデムーロを無印にしたら本気を出すパターン」とも言えますが、もし仮に武騎手がちゃんと乗っていたら4着以下だったはずです。

一方で、グレーターロンドンはあの調教内容で4着には驚きました。

マイルCSは脚を溜めすぎて届かない可能性もありますが、1番人気でも無印には出来ないです。

イスラボニータはマイルなら一瞬の切れ比べが得意な馬なので、今回の流れだとこんなもんだと思います。

得意の京都外回りなら変わるはずなので、今回は無印でしたがマイルCSだともちろん買いです。

追記:レッドファルクスが脚を余したんじゃないの?とかいう意見をツイッターで頂戴したので、このように返信しました。

マジでデムーロだけはどげんかせんといかん(#・∀・)。



鳴尾記念敗因振り返り

こちらも人気ブログランキングで語った通りとなり、申し訳ない予想をしてしまいました。

ブログ記事UPした時点だと6番人気で単勝が10倍以上付いていたわけですが、何とビックリ3番人気まで跳ね上がりました。

結局パドック見て、ブログ記事の予想通り買う3000円の「観戦料」以外は買いませんでした。

ここまでの判断は正しかったのですが、安田記念も当然外しております(ヽ´ω`)。

レースは見ての通り、武豊大先生の接待レースです。

本来ならスタートを決めたスマートレイアーがある程度ハナを主張しなければいけません。

きちんと先行争いしておけば、1コーナーで大先生に譲ってもその真後ろ2番手という絶好のポジションが取れたわけです。

デムーロ騎手はそれをせずに早々にブレーキをかけて下がってしまいました。

バンドワゴンのルメール騎手の騎乗にも疑問が残ります。

この馬は元々縦長の馬群を作る逃げ馬です。

スローの上がり比べが苦手ですし、スローを嫌ってガンガン行くかと思いきや、大先生に遠慮してしまいます。

もう武豊騎手は恫喝逃げが出来る馬に乗った時だけ買っておけばいいのかもしれません。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

レース結果・払い戻し

安田記念結果

安田記念配当

結果・払い戻しにつきましては念の為JRAのHPもご確認下さい。

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

-----sponsored link-----