今年から2000Mの施行になりました。

ハナはプリメラアスールが切ると思いますが、実質のペースはマイネルミラノが作るでしょう。

前半スローで後半ロングスパートレースになると予想しました。

本命はデニムアンドルビーです。

前走はかなり厳しい流れで、距離ロスが致命的でした(内を回した馬の上位独占)



その前はマイネルミラノが作ったペースで凡走していますが、色々あって完全に足を余した形です。

今回は頭数も少ないですし、マイネル軍団の通せんぼも無いので、大丈夫のはず。

3走前は前残りの流れとは言え、完敗という評価になりますが、今回のメンバーよりも明らかに強い相手です。

ロングスパートレース自体は一定の結果を残していますし、このメンバーに入れば少々恵まれなくてもどうにかなるのではないでしょうか。

対抗:サトノクロニクル

前走はパドックでイレこんでいて、レース前に終わっていました。

レース中、のめるような仕草があり、濡れた路面はよく無かったのかもしれません。

調教を見る限り、菊花賞の疲れの影響は多少あると思います。

もう少し間隔を取って有馬記念に出すのがベストのはずですが、「このメンバーなら完調じゃなくでも勝てる」と見て、ここを使って有馬なのでしょうか。

血統的にロングスパートレースは得意なはずですし、この相手なら楽勝もあります。

内枠を引けたのもプラスです。

現段階だとちょっと人気し過ぎですが、対抗以下には落とせません。

▲:モンドインテロ

ロングスパート適性で選びました。

前走はデニムアンドルビー同様に「物理的に届かない位置で競馬した」のが敗因です。

しかし、この馬にとって2000Mは短いので追走に苦労するかもしれません。

大阪杯でのパフォーマンスでも足りる可能性はありますが、3番手までとしました。

△ヒモ:マイネルミラノ

今夏の走りを見た時は「終わった」と思いましたが、この秋はペースを作れています。

前残りで恵まれば馬券になるでしょうから、無印には出来ないです。

△ヒモ:ジョルジュサンク

前走は本馬場入場後に放馬して競走除外となりました。

病気や怪我で取り消しでは無いので、影響は無いと思います。

また、放馬した理由はこの馬の気性の問題じゃありません。

他の馬が放馬して、それを追いかけた騎手を見て、ジュルジュサンクが驚いたという形です。

そのため再現性は薄いと思います。

「取り消し明けという理由で人気が無いなら美味しい」と考えました。

阪神内回りはすみれSを勝っていますので、向くはずです。

ただ前走もそこまで評価してなかったのは、マイネルミラノに理由があります。

ジョルジュサンクはスローペースの方が走る傾向なので、マイネルミラノが作るペースだとキツイかもしれません。

そういった部分でヒモ評価が限界です。

☓押さえ:人気ブログランキングで公開
今回はいい穴馬が居ません。

少しだけ押さえてお茶を濁します。



無印:ブレスジャーニー

仕上がり途上と見て無印にします。

また、血統的に芝の2000Mだと勝負にならない可能性が高いです。

バトルプラン産駒は芝の古馬混合戦での勝利がありません。

鞍上ヨシトミ先生という理由で無印にして昨秋は地獄を見ましたが、この秋は大丈夫のはずです(ダートを使えばヨシトミ先生でも買います)。

以上がチャレンジカップの予想でした。

ステイヤーズSの予想を[最強]競馬ブログランキングで公開

予想の印

◎デニムアンドルビー
◯サトノクロニクル
▲モンドインテロ
△マイネルミラノ
△ジョルジュサンク
人気ブログランキングで公開

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----