札幌記念2018レース動画

予想記事でも書きましたが、今週・来週は所用のため敗因振り返り記事が遅くなりますm(_ _)m。

札幌記念もリアルタイムでは見れず、JRAのHPの動画で確認しました。



アレ?ってなったのが稍重だった事です(前日は曇り予報でした)。

馬場想定が間違ったので当たらないのは仕方ないですが、稍重で予想しても多分当たっていません・・・。

 

レースはマルターズアポジーがハナに行きますが、アイトーンが無理矢理競りかけてきます。

マルターズアポジーの後ろのスペースが空いているのに、何故か入ろうとしません。

おそらく調教師から「何が何でもハナへ」と言われていたのでしょうが、無茶苦茶です。

ちなみにアイトーンも買っていましたが、成長期の休み明けなのに過去最低体重での出走。

調教を見る限り、最終追い切りまでしっかり負荷をかけているので、札幌への輸送でガレたとは思えません。

最終追い切りからレース当日までに何かトラブルがあったのだと思います(パドック見てないので状況はよく解りませんが)。

 

アイトーンが必要以上に絡んだ結果、ハイペースとなりましたが、何を勘違いしたのかマイスタイルの勝春さんが残り1000Mで仕掛けてしまいます。

メタボ教授もコレにはドン引き。

ネオリアリズムのモレイラ騎手もサクラアンプルールの吉田隼人騎手も釣られて動いてしまいました。

結果は最後尾に居た馬が2~4着です。

そんな中、僕の本命馬の福永騎手は「前が壁」で動けませんでした。

しかし、それが勝因だったと言えます。

ただ、ヒモ馬は前に行った馬ばかりで、ほぼ全滅。

後ろから競馬をした馬はミッキースワロー1頭しか残っていません。

その頼みのミッキースワローも横典騎手が馬群に入れる判断ミス(馬群突破の経験が無い馬なので)。

前走大阪杯で3コーナーで外に出したのはたまたまだったようです。

結局馬群を割れず、典さんが諦めて終了。

僕のヒモ馬は全滅しました・・・。

 

2着のマカヒキはコースロスのある競馬でしたが、こちらも馬群突破には少し難があるので外を回して正解です。

11R・12Rは外の馬が来たように内が荒れていたのもプラスに働きました。

モズカッチャンについては後ろポツンからコーナーでロス無く立ち回り、馬群を上手く抜けて来ました。

稍重だったのもプラスに働いたはずです。

かなり恵まれたと言いますか、デムーロ騎手が上手く乗った印象なので、次走はあまり買いたくありません。



北九州記念敗因振り返り

ヒモで決着(´・ω・`)

本命のセカンドテーブルはスタート直後にアレスバローズとアクティブミノルに挟まれて、ブレーキをかけて後ろからの競馬になったのが敗因です。

4コーナーではスムーズに外へ出せましたが、終始スムーズな競馬が出来た上位3頭に届きませんでした。

こればかりは仕方ありません。

勝ったアレスバローズは上手く内を立ち回ります。

前走は「馬群の中での競馬はあまり結果が出てなくて、中京なら後ろから外に回しても何とかなる」と評した手前、抑え評価まででした。

菱田騎手なので「どうせイン付いて詰まるだろう」と思ったのですが、狭いスペースを割ってきます。

前半32.4、後半34.4というペースを考えると外先行したラブカンプーが一番強い競馬をした印象です。

北九州記念は例年スプリンターズSにはつながらないレースですが、スプリント路線も世代交代が近いと思います。

アレスバローズとラブカンプーはスプリンターズでも買うかもしれません。

次週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

Amazon
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法 [ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----