中山記念2018レース動画

 

先週のフェブラリーSの予想は
「1着ゴールドドリーム、2着ノンコノユメの期待値が高い」
と書いて失敗しましたが、
今週は買い方までしっかり書いたお陰で的中報告が出来ます(^o^)案外配当付いててニッコリ。

レースは「マイネルハニーが出遅れ」という想像出来ない展開となりました。



ハナに行ったのはマルターズアポジーで、2番手はアエロリット。

1コーナーの侵入までは競り合う形でしたが、それ以後は両馬折り合う形でした。

結局、この2頭が残ったので「前残りの流れだった」といえます。

ペルシアンナイトは出遅れて最後尾からとなりました。

それは想定内でしたが、4コーナーでヴィブロスが膨れた事により、大きな距離損をしたのが痛かったです。

ヴィブロスが何故あそこで膨れたのかはよく分かりません。

昨年も少し外へ膨れましたが、それ以外のレースだと問題無かったです。

次走内田騎手から別の騎手に変われば、症状は改善するような気がします。

サクラアンプルールは上手く内を立ち回りました。

最後伸びなかったのは仕上がりが悪かったからだと思います。

ウインブライトはペルシアンナイトの出方を伺う事無く、とっとと早仕掛けしたのが勝因です。

マイネルハニーが出遅れて忖度する必要がなくなった?
という展開利があったかもしれません。

スローの上がり比べになったら何処にも居ない馬ですが、今後もスローになりそうなレースを使ってこないと思います。



阪急杯敗因振り返り

こちらも「4歳馬を買うだけの簡単なお仕事」でモズアスコット本命にすれば良かったのですが、疑ってしまいました。

[最強]競馬ブログランキングで解説したように、ダイアナヘイローが逃げて忖度スローが見え見えだったので、
「モズアスコットは前走のように切れ負けするのでは?」
と考えたからです。

ゆえにヒモ評価まで落としました。

 

それなら切れ脚では一番のレッドファルクス本命にしておけば良かったのですが、内枠だったので「最後尾大外ブン回しで届かず」の危険性があります。

他の馬を物色した結果、ある程度のポジションに付けられそうで、かつ上がりの脚も速そうなペイシャフェリシタを本命としました。

残念ながら結果は僅かに届かずの5着です。

ダイアナヘイローも「忖度スロー」+「メイチの仕上げ」という事で、いちおう印は打っていたわけですが、まさか勝ち切るとは思いませんでした。

今週は調教師の引退に併せてあからさまな結果となるレースが多かったです。

僕はそれを見越して馬券を買うので八百長だろうが別に構わないですが、程々にしておかないと、競馬ファンが「普段から八百長をやっているのでは?」と気がついてしまいますw。

お知らせ
今週の平日は忙しいので、コース解説記事を書けないかもしれません。

予想は金曜の夜にオーシャンS、土曜の夜に弥生賞の記事を書く予定です。

 

来週の注目馬を
人気ブログランキング

[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----