2017年2月12日に行われます京都記念の予想記事です。

お知らせ
競馬本追加コンテンツのご案内

展開・血統予想

ダービー馬マカヒキ登場ですが、予想のポイントはヤマカツライデンがどう逃げるかです。

前走は速いペースで行くと公言した通りのラップを刻みましたが、フォーリーに嫌がらせのような競り方をされます。

日経新春杯(2枠2番)



今回もフォーリーが居ますのでどうなるでしょうか。

馬は違いますが、今回乗る馬も2走前に逃げていますので、競りかける可能性はあります。

結局日経新春杯と似たようなペースになると読んで本命はミッキーロケットにしました。

上記のレース(4枠5番)でもそうですが、この馬は好位で競馬をする事が出来ます。

今の京都は外先行が有利なのでこの馬には理想的な枠順です。

200Mの距離短縮もいいはず。

軸としてはこの馬を選ぶのが正解だと思います。

対抗はマカヒキにしました。

4歳世代でも能力的にはダントツであるのは言うまでもありませんが、成長力と仕上がりが悪ければミッキーロケットあたりに逆転を許してもおかしくないと思います。

前走の凱旋門賞はディープインパクト産駒が来れるような流れでは無いのでノーカウントでいいですが、ニエル賞での勝ち方もイマイチでした。

例年と比べてかなり弱い相手です。

今回はいかにも休み明けという感じで、もっと評価を下げてもいいのですが、ムーア騎手という理由で対抗にはしました。

3番手はガリバルディです。

ここ3走は全て外枠で、外を回したらお話にならない馬場でした。

枠順で負けたレースが続いています。

今回も外枠ですが、今の京都の馬場なら問題ありませんし、むしろプラスです。

ただ騎手の名前を見たら川田という名前が・・・

どうして福永騎手じゃないの(・・?


 お大事に

あと心配なのは距離です。

母父ザフォニックで兄弟はマルカシェンクやザレマですから、やはりマイル~2000がベストだと思います。

2200Mは京都新聞杯で3着に入り、サウンズオブアースとはハナ差ですが、そのサウンズオブアースは浜中騎手が物凄く下手な騎乗をしていての2着です。

サウンズオブアースがこのメンバーに入っても2番手・3番手くらいなのに、ガリバルディが勝つ可能性は低いです。

そのため、今回も泣く泣く評価を下げて3番手にしました。

次こそは本命を打たせて欲しいです。

4番手はスマートレイアーにしました。

正直買いたい馬は上の3頭だけなので、3連複のヒモ扱いとなります。

2200Mはエリザベス女王杯で2年連続凡走していますが、どちらも雨絡みで届かないようなシチュエーションでした。

京都の外回りだと後ろからでは届かないのですが、この馬は先行出来ますし、差しに回っても少頭数なので、マカヒキをマークすれば1チャンスあると思います。

5番手はヤマカツライデンです。

今回もフォーリーに絡まれると厳しいと思いますが、そうじゃない目も残っていますので押えておきます。

サトノクラウンは無印です。

前走は香港の馬場に助けられたと思います。

日本なら昨年の京都記念のような酷い馬場にならないと無理なはずです。

宝塚や秋天も時計がかかる馬場でしたが、惨敗でしたのでここでも厳しいと思います。

予想の自信度と一言コメントを人気ブログランキングに書いてあります。

予想の印

◎ミッキーロケット
◯マカヒキ
▲ガリバルディ
△スマートレイアー
☓ヤマカツライデン



共同通信杯予想2017

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング(中央競馬)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----