サンマルティン本命で玉砕(´・ω・`)池添さん何やっているんだよ・・・。

2番手のトリオンフが最後3F33.5で上っていて、物理的に届かない位置を走っていました。



サンマルティンのスタートは注文通り出遅れて折り合いましたが、動くのが遅すぎです。

最初の1000Mが60秒で、後半1000Mが56.9秒ですから、高速馬場を考慮すれば前半はスローです。

そのため常識的に考えて後ろの馬は残り1000M~800Mから動かないと間に合いません。

ところが池添騎手は全く動こうとせず、前に馬を置いたまま。

ストロングタイタンの後ろで構えていました。

しかし、この馬はコーナリング性能が低いので、あのポジショニングは明確に間違いです。

結果的にはストロングタイタンが心房細動で止まって行き場を失います。

更にその後、キンショーユキヒメとレイホーロマンスに挟まれて、残り400の時点でブレーキ。

全く力を出し切ってないので、次も狙います。

一方で無印だったサトノクロニクルはデムーロ騎手が早め早めの競馬で2着に持ってきます。

おみそれしましたの一言ですm(_ _)m。

勝ったトリオンフは想定以上の圧勝劇でビックリしました。

コーナリング性能を活かしたとはいえ、最後の3Fを33.5でまとめるのは驚異的です。

秋天でも無印には出来ない勝ち方だと思います。



レパードS振り返り

[最強]競馬ブログランキング

インチキ出来ないよう外部サイトに証拠として印を残していますが、勝ち過ぎるのは想定していませんでした・・・。

馬券のポイントとしては
1週前の段階で本命予定だったドンフォルティスの評価を下げて(調教があまりに悪かったので)
ここ2走で力を出しきれてないヒラボクラターシュと前走ノーカウントのグリムを上に取ったのが運良くハマりました。

前有利と想定してヒラボクラターシュを本命にしましたが、グリムがハナを切ってくれたのは嬉しい誤算です。

まあ普段アンラッキーが沢山ありますので、こういうラッキーがあってもいいでしょう。

言うまでもなく、後ろから競馬をした馬は次走の巻き返しに注目です。

 

次週の注目馬を
人気ブログランキング
で、先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

Amazon
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法 [ メタボ教授 ]

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----