今週から秋競馬が始まります。

それに併せたわけではないですが、ブログのSSL化を行いました。

現状どういう誤作動が起こるか解りません。

問題があった場合は追って説明しますのでよろしくお願い申し上げます。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

-----sponsored link-----

他券種の最新オッズ

展開・血統予想

先週の段階では無難にマルターズアポジー本命で、厳しい流れを見越して内から差してくる馬をヒモに買おうかなあと思っていました。

しかし、マルターズアポジーが奇数番を引いてしまいます(参考:中山1600M芝のデータ傾向)

奇数番でもハナを取れるとは思いますが、内の偶数番に居るボンセルヴィーソが気がかりです。

マルターズアポジーはスタートを決めて、早目にボンセルヴィーソの前を押さえなければ、七夕賞みたいに脚を使わせられると思います。

いずれにせよペースはスローにはならないはずです。

秋競馬開幕戦。

最初から攻めの姿勢全開で、本命を2桁人気のトーセンデュークにします。

前走の関屋記念は前残りのレースで最後尾から行ったのが敗因です。

残り400まで前が開かず追い出しも遅れましたが、上がり最速を記録します。

その前のレースが1200Mだったので折り合いをつけるために後ろからの競馬となったのだと思いますが、結果的に大きく脚を余しました。

最近は1400M中心に使っていますが、1800M・2000・2200Mの勝鞍もあります。

1600Mのレースでアストラエンブレムとアタマ差だった事もあります。

血統もディープ×フェアリーキングですから、中距離タイプです。

寧ろ「2走前に何故1200を使ったの?」と疑問に思います。

また、調教でも変化が見られました。

先週は坂路で自己ベストタイムを出した・・・というよりも3年ぶりに坂路で強い調教を行っています。

ちなみに3年前に坂路で一杯に追った時は単勝1.5倍で気合が空回りして

スタート直後に落馬
豊落馬

武豊騎手を背負い投るという(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルな事をやってのけました。

多分これがあったので、その後調教パターンを変えたのだと思いますが、今回はどうなるでしょうか。

今回も背負投げが発動するかもしれませんが、前走がいかにも調教代わりのレースだったため「陣営は今回勝負をかけた」と見て本命にします。

対抗はグランシルクにしました。

前走は極端な内伸び馬場だったのが敗因です。

外を回した馬の中では1頭抜けていました。

関西遠征した阪神カップ以外、ここ1年は崩れていません。

中山マイルでマルターズアポジーが作ったペースで馬券になっている点も評価すべきでしょう。

その秋風Sは最後の直線で少し前が詰まるも内容的にはマルターズアポジーに完敗です。

とは言え、今回はマルターズアポジーに対してハンデを2KGも貰いました。

本来はこの馬を軸にすべきですが、血迷ってトーセンデュークを本命にしてしまったのは後で後悔するかもしれません。

3番手はそのマルターズアポジーにします。

前走は展開に恵まれた側面もあるにもかかわらず、いきなり斤量が58KGというのは厳しいです。

この馬の特性からすれば新潟から中山に変わるのはプラスですが、問題は状態だと思います。

陣営も「前走後疲れが出た」と言っているように、今回はいつもと比べて調教が軽いです。

先述通り、枠も少し気になります。

前走よりも人気していますし、本来ならバッサリ無印にしようかと考えました。

ただ、個人的に「この馬はマイラー」と言い続けて前走は本命にした手前、マイルで底を見せるまで無印にするわけにはいきません。

△ヒモ:ウキヨノカゼ
前走はトーセンデューク同様に後ろから行ったのが敗因です。

後ろから行って恵まれるかどうかの馬なので、トーセンデュークを買う以上はウキヨノカゼを買う必要があります。

ただ、鞍上がヨコノリ騎手という事で、いつも通りの競馬をしてくれるかどうか解らないです。

先行しても何もいい事は無いと思いますし、後ろポツンで最内突いても厳しいと思います。

普段通りに乗ってくれればいいのですが・・・。

△ヒモ:ダイワリベラル

前走は落鉄が敗因だったそうです。

中山が得意な馬なので今回は変わり身があるでしょう。

馬群突破経験も豊富なので、内枠もプラスとなります。

その割には人気が無いので高く評価したいですが、問題は津村騎手に乗り替わりです。

この馬は折り合いが難しい馬なので、初騎乗はマイナスだと思います。

あと高速決着になると少し厳しいかもしれません(昨年は良馬場で4着ですが、午前中は稍重でした)。

☓押さえ:ボンセルヴィーソ

色々なペースに対応している馬で、古馬との初対戦も大丈夫だと思います。

マルターズアポジーの2番手でも競馬は出来るはずです。

ただし調教がイマイチだったように見えます。

力関係がよく解らないので未知の魅力はありますが、押さえまでです。

☓押さえ:アスカビレン

本当はダノンプラチナを押さえようと思ってましたが、取り消しとの事で急遽この馬にしました。

捉えどころが無い馬ですが、坂のある阪神コースと得意としている馬なので、「中山でも走らないかなあ」と適当に考えています。

厳しい流れにもそれなりに対応出来るはずです。

ただ力関係的にはちょっと見劣るので当初は無印でした。

-----sponsored link-----

無印:ブラックスピネル
前走安田記念で本命に推すもまさかの最下位・・・。

陣営によると追い切りが軽すぎたという話です。

確かにいつもよりテンの入りが遅かったですが、終いは余裕がありましたし、個人的には問題無かったと見ています。

そもそも追切が予定より軽いなら、金曜日か土曜日に軽い運動をさせればいいわけです。

そのため「調教が軽かったから負けた」というのは言い訳としてはおかしい表現だと言えます。

今回は確かに一転して強い調教を重ねていますが、それがプラスに出るかどうかは未知数です。

あとスローで結果を残している馬なので、マルターズアポジーが作るペースは合わない可能性もあります。

前走本命にして最下位で、今回無印で来られると悶絶してしまいますが、今回は差し馬中心に買っているので無印にしました。

無印:ガリバルディ
この馬は差し馬なのですが、スローの上がり比べで好走している馬です。

休み明けですし、今回は見送ろうと思います。

無印:ミッキージョイ
前走は重馬場が敗因、2走前は後ろポツンで届かず、3走前は正月京都で外枠が敗因です。

4走前のパフォーマンスは秀逸なので、重賞でも馬券になると思いますが、マルターズアポジーが出た秋風Sで道中引っかかって大惨敗しています。

今回も外枠を引いてしまい、そのリプレイもあるはずなので、手が回りませんでした。

セントウルステークスの注目穴馬を人気ブログランキングに書いてあります。

同じくセントウルステークスの予想の全印を[最強]競馬ブログランキングで公開しています。

予想の印

◎トーセンデューク
◯グランシルク
▲マルターズアポジー
△ウキヨノカゼ
△ダイワリベラル
☓ボンセルヴィーソ
☓アスカビレン

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

「立ち読み」ボタンをクリックすれば無料サンプルが読めます

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング(中央競馬)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----