ジャパンカップレース動画2018

 

ブログの予想は買い目&金額固定で若干トリガミとなりましたが、実際の馬券はそんな買い方をしておらず、
「アーモンドアイ=サトノダイヤモンド馬連1点+3連単3着に印を付けた馬に流す」
というシンプルな買い目で外しました。

2:20.6のレコードタイムを見て驚きましたが、ラップを見て納得です。



残り1600Mから全部12秒を切っています

川田騎手は「スローの上がり比べならキレ負けする」事は解っていて、玉砕覚悟で行った感じです。

この日の馬場は超が付く高速馬場でした。

1000万クラスのタイムが1:44.7、更にこのレースの勝ち馬は先行して33.8を出しています。

結局の所、馬場があまりに高速なので、JC以外はスローで過ぎて脚を残す競馬ばかりだったと言えるでしょう。

いくら脚を溜めようが上がり3F32秒台が物理的限界点となりますので、後ろからは届きません。

そういった意味でアーモンドアイのルメール騎手の位置取りは完璧だと思います。

先行したのは「内で包まれたくない」という意識もあったのでしょうが、折り合いも完璧についていました。

キセキもアーモンドアイも最後は苦しくなって失速しましたが、それでもラスト1Fは12.0秒です。

おそらくバテてはいると思いますが、惰性でなだれ込む事が可能なくらい走りやすい馬場なのだと思います。

後ろを走っていてはノーチャンスです。

サトノダイヤモンドは中団で脚を溜め、4コーナーで外へ出す騎乗でした。

馬の特性を考えれば100点満点だと思います。

最後の直線の伸びを見て勝ちを確信し、アーモンドアイの方を心配しましたが、直線半ばで突然失速します。

高速馬場を考えればあんな止まり方をするわけが無いのですが・・・。

ミッキースワローは後ろポツン。

届くわけがありません。

高速馬場については否定的な意見が目立ちました。

僕は高速馬場でも全然OKだと考えています。

寧ろ今の京都と差別化出来ているのでGOODです。

しかし、問題は馬場をいじってまで高速化する事にあります。

今回ガンコに乗った蛯名騎手が言っているように、土曜日と馬場が違うのは大問題です。

馬場を大幅にいじるのなら、前日販売を中止するのが筋だと思います。

それと海外招待レースで高速馬場を作るのはヤメたほうがいいでしょう。

香港で半分終わっていたワーザーが宝塚記念で来たように、今回の外国馬でも府中以外なら馬券圏内を争えたと思います。

入場者数も馬券の売り上げも激減だったそうですが、今のJRAを考えれば当然です。

ノーザンの運動会に金をぶっ込むなんてありえません。

僕も購入金額は最低限で、買い目をシンプルにした結果、外しました。

レース自体は八百長ではなく(少なくても川田騎手はガチ)、寧ろ全力を出し切って素晴らしかったと思いますが、根本的な問題を解決しない限り、中央競馬が盛り上がる事はないでしょう。



他のレースの振り返り

京都2歳

ミッキーブラックは出遅れて、押して出していってポジションを取り、道中引っかかったのが敗因です。

出遅れるのは仕方ないにしても、少頭数のスロー濃厚の競馬で押して出ていく必要は全く無いと思うのですが・・・。

デムーロ弟さんはヨーロッパでもあんな競馬をしているのでしょうか。

京阪杯

能力的に互角だったので大荒れ期待で14番人気のオールポッシブルを本命にしましたが、駄目でした。

今開催の京都芝は難しかったです。

東京は元々苦手なのでこの2ヶ月は地獄でした。

という事でJBCで勝負をかけましたが、結果は惨敗(´;ω;`)。

今年も残るはあと1ヶ月、何とかいい終わり方をしたいと思います。

 

次週の注目馬を
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング
の2箇所で、それぞれ先行公開しています。

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----