今日の馬場は内の馬も多少は来てますが、外先行が有利のように見えます。

今週末は雨予報でしたが、どうやらパンパンの良馬場でやれそうです。

 

逃げる可能性のある馬は
・アクティブミノル
・ワンスインナムーン
・トウショウピスト
と見ています。



本来はアクティブミノルが一番速いですが、福永騎手が乗るのでどうでしょう。

どの馬が逃げても概ね平均~スローだと見ています。

 

本命:ペイシャフェリシタ

外先行有利と見てこの馬を本命にしました。

近走は安定した成績を残しています。

過去のレースを見る限り、崩れた時は概ね「前が詰まった」時です。

外枠を引いた今回は大丈夫だと思います。

調教を見る限り状態は前走以上です。

今日の競馬を見る限り1分7秒台の決着になりそうなので、こなせる下地がある点も評価しました。

ペースもそこまで速くならないと見ていますので、ワンスインナムーンに付いていく形で外先行出来ればと思います。

対抗:ダイメイプリンセス
調教と近走の内容を評価しました。

この馬の良績は夏に集中しています。

今年の夏も状態は良さそうです。

近2走は直線1000Mを使いました。

今回は折り合いに苦労する可能性もありますが、大丈夫だと考えています。

この2走は、ガンガン行かずに抑えて馬群の中に入れる余裕があったからです。

いかにも中京1200に合わなさそうなタイプだと思いますが、状態の良さを評価して対抗としました。

3番手:アサクサゲンキ
朝日杯で惨敗した以外はそれなりの走りをしています。

前走の葵Sは逃げ馬が押し切る流れの中、出遅れがひびきました

今回は大外枠なので大丈夫だと思います。

能力的には十分足りると見ていますが、問題は高速馬場です。

血統的には苦手のような気がします。

4番手:トウショウピスト

条件戦時代は1200Mを使ってきた馬です。

しかし、オープンに昇級以後はハナに行けなくなりました。

そのため、頭打ちとなり、1400Mに活路を求めた形です。

久々の1200Mですが、ハナに行ければ十分勝負になると見ています。

トップスピードはありませんが、ゲートからのダッシュ力が速い馬です。

今回は幸騎手を乗せているので、最初からガンガン行くと思います。

一方でアクティブミノルは福永騎手です。

無理にハナへと行かない可能性があります。

ワンスインナムーンも速いですが、外枠なので被せるのに時間がかかるでしょう。

そういった理由からトウショウピストの逃げ残りに期待します。

押さえ:ダイメイフジ
前走はモズアスコットに勝っていますが、そこまで評価していません

モズアスコットは出遅れましたし、その後の立ち回りもイマイチです。

一方でダイメイフジは及第点以上の内容だったと思います。

3着以下を離しているわけでもありません。

「ボンセルヴィーソやアポロノシンザンやトウショウピストにギリギリ先着しただけ」と考えればちょっと過剰人気だと思います。

高速馬場をやった事がないのも心配です。

また昨年の中京で-14KGで惨敗している点も気になります

夏バテなら、今回も再現があるかもしれません。

帰厩時に少しガレて帰って来たそうで、1週前の追い切りはいつもより軽いです。

最終追い切りは良かったと思いますが、当初より評価を下げて押さえとしました。

押さえ:セカンドテーブル
昨年の2着馬です。

その後はシルクロードSまで休んでいました。

復帰戦は少し出遅れて負けましたが、その後の2走は悪くありません。

「今年も絡む可能性は十分」と見て押さえました。

押さえ:アレスバローズ
前走は出遅れが敗因です。

2走前は馬群突破に手間取り、前残りの流れで届きませんでした。

3走前は馬群を上手く捌けませんでした。

このように、馬群の中での競馬はあまり結果が出ていません

出来れば外枠が欲しかったのですが、今回は真ん中の枠です。

中京1200Mなら前走のように「一旦後ろに下げて末脚にかけて」も間に合うと思います。

川田騎手に乗り代わってどうなるかは不明ですが、外に出してくれれば十分馬券圏内が狙えるはずです。



無印:ワンスインナムーン

函館スプリントSでは本命に推しましたが最後の直線で大失速。

牧場から直接函館に来て、状態がブラックボックスだったので
陣営の
「サマースプリントシリーズを狙う」
という発言を信用したわけですが、
まさかの叩き台で、ここが本番でした(#^ω^)。

ただ、いくら叩き台といっても、前残りの流れだっただけに負けすぎです。

調教もイマイチだったので、大きく変わってないと思います。

それでも実力は上位ですし、外先行出来そうなので、押さえても良かったのですが、今回は印が回りませんでした。

消し:アクティブミノル

昨年は本命でしたが、今年は消しました。

昨年この時期からブリンカーをつけて、調教の走りが一変したので本命にしましたが、その後は頭打ち状態が続いています

今回の調教も悪くは無かったですが、昨年程ではありません。

福永騎手が乗り替わるのでハナへ行かない可能性も十分です。

それで昨年より人気しているなら、思いきって今年は消してみました。

同じく消し馬としてナリタスターワン、グレイトチャーターを挙げておきます。

ラジオNIKKEI賞の予想の印を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています

予想の印

◎ペイシャフェリシタ
◯ダイメイプリンセス
▲アサクサゲンキ
★トウショウピスト
△ダイメイフジ
△セカンドテーブル
△アレスバローズ

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

DMMでは7/2まで30%ポイント還元セール実施中。
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----