先日こういう記事

ノーザンファームのレース操作・八百長について

を書いた以上、
「ノーザンばかりのレースの馬券を売るのをJRAは自粛しろ(# ゚Д゚)」
と秋天をボイコットするのが筋ですが、このブログは全重賞参加というルールでやってますので、今回も予想記事を書きます。



ノーザンの運動会という性質を考えれば、本命はレイデオロかスワーヴリチャードの2択となるわけですが、この2択は滅茶苦茶難しいです。

どちらも内枠を引けました。

今日のアルテミスSでは1番人気の田辺騎手が内で馬群から抜け出して来れませんでした。

しかし、明日はこの2頭がドン詰まりする可能性は低いと予想します(全く0では無いですけど)。

 

ペースに関しては逃げ馬がおらず、厳しい流れにしたい馬も居ません。

普通に考えればスローの上がり比べとなるでしょう。

ドスローのダービーではこの2頭の1-2でした。

 

本命:レイデオロ
昨年のジャパンカップでの出遅れから力を出しきれないレースが続いていましたが、前走が本来の実力です。

スローの上がり比べの適性は血統的にスワーヴリチャードよりあります。

ドスローのダービーでも先着しました。

とは言え、気になるのは先週のアクシデントです。

調教中にくぼみにハマってバランスを崩しました。

その後埋め合わせ調教はしているので、大丈夫のようにも見えますが、調整が狂ったのは間違いありません。

ブラックボックスなので何とも言えませんが、強行で出走している可能性もあるだけに、心配です。

ただ、スワーヴリチャードもJCへ向けた叩きといった感じなので、こちらを本命にしました。

対抗:スワーヴリチャード
前走は初のマイル戦を考えればよく走った方です。

安田記念2018(スワーヴリチャード1枠1番)

 

最終追い切りは緩かったですが、1600Mでも道中引っかかったので、テンションを上げないためにわざと緩くしたのだと思います。

調教後馬体重は前走より大幅に増加していますが、関東遠征時は20KG近く輸送で減るので問題ありません

前走は減りすぎたので、510KG台後半で出てこれればと思います。

心配なのはデムーロ騎手がスタート後に下げてしまう可能性です。

折り合いをつけるために大阪杯でわざと出遅れています。

それでも道中捲って勝ったので、問題ないと言えば問題ありませんが、府中の2000で同じ競馬は不可能です。

今日の馬場を見る限りは「最後尾から大外ぶんまわし」でも良さそうな気もします。

しかし、この馬はラチを頼らないと真っ直ぐ走りません。

そこの部分がマイナスです。

3番手:サングレーザー
前走は4コーナーで前が詰まりました。

内容的には着差以上に強いです。

今回に関してはモレイラ騎手に変わるのがプラスだと思います。

という事で、思い切って本命にする事も考えましたが、安田記念の敗戦が気になりました。

外枠だったので、前に馬が置けずに少し引っかかります

今回も外目の枠ですし、内に潜ればノーザンの馬に包まれて危険です。

また、4コーナーで前の馬に突き放されたので、左回りは・・・という可能性もあります。

安田記念以外の左回りは中京で新馬戦しか走っていません。

あまり参考にならないかもしれませんが、新馬戦の4コーナーでもダンビュライトに馬なりで交わされています。

調教も良かったですし、スローの上がり比べを想定するならディープインパクト産駒を本命にすべきですが、左回りに若干の不安を抱えたので3番手としました。

4番手:アルアイン

前走は消してしまって恥ずかしい思いをしましたm(_ _)m。

今回はしっかり押さえようと思います。

この馬は左にもたれるクセがある馬です。

前走も4コーナーで外に膨らんでしまい、レイデオロに内に潜り込まれました。

ダービーは最後の直線は真っ直ぐ走っていたので、左回りの方がいいのかもしれません(同配合の弟は意図的に左回りを使っています)。

そのダービーはポジショニングや仕掛けのタイミングが悪く、着差程は負けてないです。

前走は展開的に恵まれたので、レイデオロよりも強いとは言いませんが、馬券圏内は十分あると思います。

押さえ:ダンビュライト

過去4走、力を出し切ってないのがこの馬です。

こういう馬は買い続けるしかありません。

ただ前走のレース前には結構暴れたという情報を見ました。

年を取って気性が悪くなっている(レースを嫌がっている)可能性もあります。

前走同様に出遅れる可能性もあるでしょう。

切れ味勝負になると分が悪いですし、押さえ評価までとしました。

押さえ:ヴィブロス

この馬も力を出しきれないレースが多くあります。

前走も序盤は結構引っかかりましたので、距離短縮で内枠はプラスのはずです。

今年のドバイターフのようにほぼ最後尾から大外回しても面白いと思いますが、福永騎手はどう乗るでしょうか。

押さえ:ミッキーロケット

前走は相手と馬場に恵まれた印象です。

しかし、着差は付けています。

調教も宝塚と同じくらいGOODです。

昨年の天皇賞秋は「レースに参加してなかった扱い」で構いません。

スローの上がり比べも得意としている点も高評価です。



無印:マカヒキ
買ってもいいのですが、印が回りませんでした。

武豊騎手が最近絶好調なので人気になるのは解りますが、更に絶好調のルメール騎手からの乗り替わりです。

モレイラ騎手のサングレーザーより人気しているので買いたくありません。

菊花賞のユーキャンスマイルは「武騎手は京都の外回りの乗り方を知っている」という理由で押さえた手前、東京ならそこまで評価出来ないです。

 

あと今回の消し馬はヒヨってステファノス・ブラックムーン・アクションスターだけにしておきます。

[最強]競馬ブログランキングのクリックよろしくお願いします。

予想の印

◎レイデオロ
◯スワーヴリチャード
▲サングレーザー
★アルアイン
△ダンビュライト
△ヴィブロス
△ミッキーロケット

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----